『ひそひそ星』 (C) SION PRODUCTION

写真拡大

2014年に園子温監督が自ら設立したシオンプロダクションの第1作目作品となる『ひそひそ星』が、11月21日に開幕する第16回東京フィルメックスのオープニング作品として上映されることがわかった。

鬼監督の顔にも笑顔! 園子温監督が神楽坂恵との婚約を照れながら報告

本作は、『地獄でなぜ悪い』(13年)、『ラブ&ピース』(15年)と同じく、園監督が20代の時に書き留めていたオリジナルの物語の映画化で、構想25年を経て結実したモノクロームのSF作品。

園監督の伴侶である女優・神楽坂恵を主演に迎え、東宝スタジオに大きな宇宙船のセットを組むと同時に、東日本大震災の傷跡が残る福島県の富岡町・南相馬・浪江町に赴きロケを敢行。未だ仮設住宅に暮らす地元の方たちの協力を得て、記憶と時間、距離への焦燥を“ひそひそ”と声のトーンを落とした特異なセリフ回しで描き出していく。

主人公はアンドロイドの女性、鈴木洋子“マシンナンバー722”で、昭和風のレトロな内装の宇宙船レンタルナンバーZに乗りこみ、静寂に包まれた広大な宇宙空間をはてしなく旅しているという設定。いくつもの寂しい星に降り立っては、すでに滅びゆく絶滅種と認定されている人間たち1人ひとりにかけがいのないものを届けるという物語だ。

今年9月に第40回トロント国際映画祭でワールドプレミアされ、『希望の国』(12年)、『地獄でなぜ悪い』、『TOKYO TRIBE』(14年)とはまったく異なる趣のミニマルSFが現れたと歓迎され、NETPAC賞を受賞した。

日本では2016年に公開となる。

[動画]女優と婚約した園子温監督「私の『恋の罪』でお騒がせしてすみません」
『冷たい熱帯魚』鬼才監督、夫婦らしく見せるため「とりあえずキスしろ」と演出
原発事故を描いた園子温監督最新作がトロント映画祭でNETPACアジア最優秀映画賞受賞
園子温監督最新作に主演の長谷川博己「新たな一面を引き出してもらった」