冷めたコーヒーとはおさらば!デスク用USB紙カップウォーマー誕生 缶コーヒーにも使えるって

写真拡大

最近夜になると急に冷えるようになってきましたねぇ。寒い日のデスクでほっと一息、さぁコーヒーを!と思ったらアレやコレやで気づけば冷めたコーヒーに……。

そんな事態を回避できる便利商品がサンコー株式会社から登場しました。その名も『コンビニコーヒー対応 USBあったか紙カップウォーマー』。

【関連:過去紹介し評判が良かった「子連れ旅の便利グッズ」3点】

コンビニコーヒー対応 USBあったか紙カップウォーマー

■名前は『紙カップウォーマー』だけど『缶コーヒー』にも使える!

商品名に「紙カップ」とあるとおり、コンビニや自販機で売られる紙カップコーヒーのL、M(R)、Sの3サイズに対応。さらに、カップの隙間を調整する付属品の隙間調整ラバーを取り付ければ、缶コーヒーでも使用可能だそうです。ただその場合は底が平らな缶だけに限られます。

USBに接続して、電源ONから約4分でヒーター部分が最大80度まで加熱しカップをあたためてくれるそうです。利用しつづければ美味しさを保つ飲み頃60度から70度を約4時間キープしてくれるそうですよ。
気になる安全面ですが、熱と電圧チェッカーが内臓されているので、約85度以上になると自動でスタンバイ(加熱しない)状態に。空焚き状態が続くことがないよう配慮されています。
USB環境さえあればどこでも繋げるそうなので、寒い冬の車中の休憩なんかにもちょっと重宝しそうですよね。

コンビニコーヒー対応 USBあったか紙カップウォーマー』のサイズは幅115×奥行き85×高さ98(mm)。価格は1980円 (税込)で10月5日より販売されています。

※「冷めたコーヒーとはおさらば!デスク用USB紙カップウォーマー誕生 缶コーヒーにも使えるって」はおたくま経済新聞で公開された投稿です