Doctors Me(ドクターズミー)- 《赤ちゃんが黄色い!?》90%以上に見られる、新生児黄疸とは?

写真拡大

「黄疸」とは胆汁に含まれるビリルビンがなんらかの原因で血中に増加した時に起こります。白目が黄色くなったり、皮膚が黄色くなったりする事で気づかれる場合が多いようです。
日本人の赤ちゃんの90%以上は生後に「新生児黄疸」を認めるといわれています。
今回は大人とは違った原因で起こる新生児黄疸について、医師に解説していただきました。

新生児黄疸の原因と期間は?

出生前、お母さんの胎内のいた時は酸素が少ない環境に適応しており、赤ちゃんの体では赤血球がたくさん循環しています。出生後、呼吸が安定すると過剰な赤血球は壊されます。壊れた赤血球にはビリルビンが含まれていますが、新生児の肝臓は働きが未熟でうまく処理する事ができません。そのため血液中のビリルビンが上昇し、黄疸として現れます。

新生児黄疸の期間は生後2〜3日から認められ、2〜3週間で消失していきます。ですが約20%の赤ちゃんは黄疸が持続し、治療が必要になります。

新生児黄疸の基準、鑑別は?

新生児のビリルビンの正常値は5mg/dl以下です。(成人は概ね1.2mg/dl以下です)
15mg/dlを超える場合は脳細胞にビリルビンが影響する「核黄疸」を起こす可能性があります。
脳性まひなど深刻な後遺症が残る事がありますので、2〜3週間を過ぎても黄疸が続く場合は、小児科に相談しましょう。
なお、母乳の場合、母乳の中に含まれる女性ホルモンが赤ちゃんの肝臓の働きに影響し、黄疸が長引く事があります。「母乳性黄疸」と呼ばれる生理的なものですが、心配な場合は医療機関に相談しましょう。
疾患による「病的黄疸」は、胆道閉鎖症、溶血性貧血、新生児肝炎症候群などで見られますが、生後すぐに重度の黄疸が認められるため、新生児黄疸と鑑別がつきます。

【医師からのアドバイス】

新生児黄疸はほとんどの赤ちゃんに認められる生理的な変化です。
1〜2週間で改善し始め、2〜3週間で消失していきますが、改善のない場合は治療が必要です。母乳性黄疸と区別が難しい場合も早めに相談しましょう。