シリア戦前日会見に臨んだハリル「まだ1つ、2つのポジションを悩んでいる」

写真拡大

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が7日、翌日に控えたシリア戦を前にオマーンの首都マスカットで前日会見に出席。1日のメンバー発表会見に続いて「(2次予選で)おそらく一番難しい試合になる。そしていいテストになる」と語った。

 現在、グループ首位に立つシリアとの決戦に向けて、「我々の真の姿を見せなければならない」としたハリルホジッチ監督。入念に相手国を分析していることに触れ、「シリアは戦うチームで得点力が高い。3、4人はクオリティの高い選手がいる。ボスニア・ヘルツェゴヴィナやトルコ、UAE、イラクでプレーしている選手がいることも知っている。彼らは母国が大変なことになっているので、国のために真剣に戦ってくる」とも語った。

 グループFで3連勝を収めて首位に立つシリアは、ここまで13得点0失点という安定した成績を残している。2勝1分けの2位につける日本は、ライバルを直接叩いて首位に浮上したいところ。指揮官は「かなりディフェンシブに臨んできたこれまでの対戦国と違って、シリアはかなり攻撃面に重きを置いてくるのではないかと見ている」ともコメント。そこに対して「ストラテジー(=戦略)を準備している」とし、「まだ1つ、2つのポジションで起用する選手を悩んでいる」と胸中を明かした。

 マスカットでは同日にオマーン対イランの2次予選が行われるため、シリア戦は過去のオマーン遠征時に使用していたスルタン・カブース・スタジアムではなく、シーブ・スタジアムでの開催。この日の会見後に行われる公式練習で初めてピッチに立つことになること、さらに日中に気温が40度近くまで上がることもあり、「まだグラウンドコンディションも分からない。暑さもある」と敵地での一戦に不安をのぞかせたが、「選手たちはフィジカル的にもメンタル的にや準備しなければならない。勝利するためにやる」と気持ちを引き締めていた。

文=青山知雄