冥王星の巨大な月、カロンの姿(動画あり)

写真拡大

探査機「ニュー・ホライズンズ」が撮影したカロンの画像を、上空をフライバイするかたちで構成した動画を紹介。地表下から氷が噴き出す「氷火山」と見られる地形などを確認できる。

「冥王星の巨大な月、カロンの姿(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

2006年に惑星と認められなくなってしまった冥王星と同様に、カロンも惑星ではない。だが、地球に縛り付けられた狭量な国際天文学連合(IAU)による認定を、誰が必要とするだろう? 氷火山が見つかっているとなればなおさらだ。

そう、氷火山だ。見ての通り、冥王星の第一衛星カロンの両半球はあまりにも違いすぎる。一方の半球が非常に平坦である理由として、科学者の間で現在最も有力な説は、地表下から氷が噴き出しているというものだ。上の動画からわかるように、滑らかな低地の縁に、壮大な渓谷系がある。

冒頭に掲載したのは、無人探査機「ニュー・ホライズンズ(日本語版記事)」が撮影したカロンの画像を、上空をフライバイするかたちで構成した動画だ。

動画は、「モルドール」のかなり上空から始まっている。「モルドール」というのは、カロンの北極域の高地にある黒いポイントに、カロンの専門家がつけた非公式の名称だ。J・R・R・トールキンの『指輪物語』に登場する冥王サウロンの国にちなんでいる。大気科学者はモルドールを、カロンが冥王星から取り込んだ窒素の堆積物だと考えている(冥王星は絶えず窒素を放っている)。

動画では続いて、視点が渓谷に急降下する。渓谷系は、1,000マイル(約1,600km)以上の範囲に広がっているように見える。

冥王星と衛星(上部)、さらに、特に大きい冥王星族の天体オルクスとイクシオンとの比較。カロンは、衛星にしては「惑星」に対する質量が非常に大きく、また共通重心が冥王星とカロンの間の宇宙空間にあるため、冥王星およびカロンは二重惑星であるとの解釈もある

TAG

CharonNewHorizonsVideoWIRED US