「レッツノート」抱え比嘉愛未″デキる先輩″熱演 神戸牛でチャージ、バッテリー切れなく...

写真拡大

パナソニックは2015年10月7日、ノートパソコン「レッツノート」の最新モデル「SZ5」シリーズの新CM発表イベントを都内で行った。CMに出演した女優の比嘉愛未さん(29)が登場し、撮影の裏話などを語った。

リアル後輩と共演「楽しかった」

SZ5シリーズは「軽量・長時間駆動・頑丈さ」が売りのモデルだ。12.1型で光学式ドライブを内蔵しながら約929gの軽量、バッテリーは14.5時間持続し、一般的な机のと同じ高さからの「76cm落下試験」などを繰り返し行い頑丈さを実現した。

新CMは「ビジネスで攻める人」をコンセプトに、比嘉さんが鮮やかに仕事をさばく「デキる先輩社員」を演じた。「神戸出張編」「金沢出張編」「北陸新幹線編」の3作品で、比嘉さんがSZ5を片手に後輩社員と出張業務をこなすストーリー仕立てになっている。

緊張でPCを落としてしまった後輩に比嘉さんが「大丈夫!」とフォローを入れる場面や、お得意先周りで疲れる後輩に「もうバッテリー切れ?」と余裕の態度を見せるシーンなど、比嘉さんのスマートな演技とSZ5の特徴を重ねた演出が印象的だ。

後輩役を務める牧野莉佳さんは比嘉さんと同じ事務所のタレントで、リアルな先輩後輩。比嘉さんは「同じ事務所の方と仕事をすることがあまりないので、演技の話からプライベートなことまで話すことが出来て楽しかったです」。

「神戸編」のラストに仕事の打ち上げで2人が神戸牛を食べるシーンがあり、比嘉さんは「実は神戸牛を食べるシーンの撮影は朝の7時くらいで。神戸牛もかなりジューシーでちょっと...」と撮影の裏話を伝えた。

SZ5シリーズは10月23日発売で、価格は19万2086円(税別)から。