バルサはセビージャに敗戦で早くもリーグ2敗目【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

今週のバルサとレアル

 スペイン・リーガエスパニョーラのバルセロナとレアル・マドリーは、欧州のビッグクラブの中でも特に世界中の注目を集めるクラブである。毎日のように様々な話題が持ち上がり、時には多くの議論を呼ぶこともある。この1週間で、彼らにはどんな話題があったのだろうか。

【バルサ】けが人続出のバルサ、セビージャに敗戦で早くも2敗目

 バルセロナはリーガエスパニョーラ第7節でセビージャと対戦し、1-2の敗戦を喫した。第5節セルタ戦でも1-4で敗れており、早くもリーグ戦2敗目となった。バルサが第7節時点で2敗したのは12シーズンぶりのことだ。

 現在のバルサはDFトーマス・ヴェルメーレン、MFラフィーニャ・アルカンタラ、MFアンドレス・イニエスタ、FWリオネル・メッシが負傷中。序盤戦はGKクラウディオ・ブラーボやDFダニエウ・アウベス、MFセルヒオ・ブスケッツら守備陣にけがが相次いでいたが、現在はイニエスタやメッシなど攻撃陣で中核を担う存在が離脱している。

 特にメッシの離脱は簡単に解決できる問題ではない。セビージャ戦で先発はたムニル・エル・ハッダディでは代役は務まるはずもなく、バルサ自慢のパス本数などは激減。攻撃でリズムが掴めないバルサは、アウェイで2連敗となっている。

 本拠地カンプ・ノウでは圧倒的な支配率で試合を進めるバルサだが、セルタ戦でもみられたようにアウェイでは積極的に相手チームがプレスを仕掛けてくる。昨季は絶対的な強さを誇っていたバルサだが、対策されてきていることは確かだ。

 チャンピオンズリーグ(CL)レバークーゼン戦はルイス・スアレスの巧みなゴールによりなんとか勝利したものの、場合によっては敗れていてもおかしくはない展開だった。

 代表ウィークを挟み、バルサはラージョ、エイバルとホーム2連戦を迎えたのち、31日にヘタフェとアウェイで対戦する。バルサとしては、11月22日のレアル・マドリー戦(アウェイ戦)までにはアウェイの戦い方を考慮しなければならない。

【レアル】同じ街のライバルは“お得意様”から“天敵”に?

 第7節でレアル・マドリーはアウェイでアトレティコ・マドリーとの“マドリード・ダービー”に挑み、1-1で引き分けた。

 このダービーは長く“エル・ブランコ”(マドリーの愛称)が支配してきた。2002/03シーズンにアウェイで0-4の勝利を収めて以降、カップ戦なども含めてマドリーは10連勝を含む19勝4分。同じ街のライバルは“お得意様”だった。…が、2012/13シーズンのコパ・デル・レイ決勝で延長戦の末に敗れて以降、この2クラブの序列は崩れ始める。

 2013/14シーズンのCL決勝ではマドリーが勝利し、ビッグイヤーを掲げたが、1シーズンに8回対戦した昨季はマドリーは3分4敗大きく負け越し、CL準決勝2ndレグでハビエル・エルナンデス・“チチャリート”のゴールでようやく1勝を掴み取っている。

 しかし、今回のダービーでも勝ち切ることができず、マドリーにとってアトレティコはお得意様から“天敵”になりつつある。通算の直近10試合では2勝4分4敗となっている。

 次回の対戦は来年2月28日。舞台はマドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウだ。

text by 編集部