Googleが『Nexus 5X』『Nexus 6P』とAndroid 6.0で開発中の最新機能をプレビュー

写真拡大


Googleは10月7日、Androidに関する記者説明会を開催。10月下旬に出荷が予定されている最新の『Nexus』スマートフォン『Nexus 5X』『Nexus 6P』をお披露目し、Android 6.0“Marshmallow”の特徴や開発中の最新機能がプレビューされました。

●最新『Nexus』スマートフォンをお披露目

製品の説明には、同社製品開発本部長の徳生裕人氏が登壇。まず『Nexus 5X』の特徴について説明しました。『Nexus 5X』はmicroUSBの代わりにUSB-Cを採用し、10分の充電で4時間の使用が可能に。カメラは1230万画素で、ピクセルピッチが1.55マイクロメートルのセンサーにより、薄暗い場所でも鮮明な写真が撮影できるようになりました。動画は最大120fpsの撮影が可能になり、4Kの動画撮影にも対応します。指紋認証では専用のセンサーを採用し、スリープ状態からの復帰がすばやくできるのが特徴。




『Nexus 5X』はLGエレクトロニクス製で、本体サイズは147.0×72.6×7.9mm、重量は136g。OSにAndroid 6.0、5.2インチフルHD(1920×1080)ディスプレー、1230万画素カメラ、500万画素のインカメラ、1.8GHzヘキサコアCPU、2GBのRAM、2700mAhバッテリーを搭載。内蔵メモリーは16GBと32GBを選択可能。本体カラーはカーボン、クオーツ、アイスの3色。『Googleストア』では16GBモデルが5万9300円、32GBモデルが6万3400円でプレオーダーを受け付けているほか、国内ではドコモとワイモバイルからも販売されます。


『Nexus 6P』はアルミを削り出したフルメタルの筐体とWQHD(2560×1440)ディスプレーを搭載するのが特徴。USB-Cの採用、1230万画素カメラ、指紋認証といった機能は『Nexus 5X』と同様ですが、USB-Cによる充電では10分の充電で7時間使用が可能なほか、動画撮影では最大240fpsの撮影が可能という点が異なります。




『Nexus 6P』はHuawei製で、本体サイズは159.3×77.8×7.3mm、重量は178g。OSにAndroid 6.0、5.7インチWQHD(2560×1440)ディスプレー、1230万画素カメラ、800万画素のインカメラ、2.0GHzオクタコアCPU、3GBのRAM、3450mAhバッテリーを搭載。内蔵メモリーは32GBと64GBを選択可能。本体カラーはアルミニウム、グラファイト、フロストの3色。『Googleストア』では32GBモデルが7万4800円、64GBモデルが8万800円でプレオーダーを受け付けています。

●強力なカメラを活用する『Googleフォト』


『Nexus 5X』『Nexus 6P』の強力なカメラを活用する機能として、『Googleフォト』についても説明がありました。『Googleフォト』は、1600万画素までの写真や1080pまでの動画が無制限に保存でき、自動でタグづけされた写真をキーワード検索と併用して探したり、共有ができるクラウドサービス。「一生分の写真やビデオを安全に保管する場所」「整理しなくても、大切な思い出がいつでもとりだせる」「大切なものを簡単に共有し、保存する」というサービスのコンセプトが説明されました。


最近追加された『Chromecast』にライブラリの写真をキャストする機能のほか、海外で提供され、今後国内向けに追加される機能についても紹介されました。



人物のグルーピング機能は、写真に写った人物を認識してグループ分けできる機能。自動認識されたグループに「ママ」「お兄さん」など任意の名前をつけて管理することができます。注目できるのは、変化が激しい子供の写真を、赤ちゃんの時までさかのぼって同じ人物だと認識できること。時間の経過を考慮してグループ分けができるそうです。


開発中の機能としては、複数のユーザーがマルチプラットフォームの環境で共有アルバムを作れる機能の提供を年内に予定しています。

●Android 6.0で開発中の新機能をプレビュー

続いて、Android 6.0の主なトピックが紹介されました。一つ目はロック画面の改善。ロック画面の状態から音声検索にアクセスでき、たとえばお店を検索して電話をかける、といった操作が可能になったほか、充電状態を確認可能に。


アプリの一覧画面では、ユーザーの行動を分析して、時間帯に応じてよく使うアプリのショートカットを上に表示する機能が利用できます。


アプリから本体機能へのアクセス権限の設定は、従来のアプリのインストール時に一括で承認する方式から、たとえばアプリがカメラ機能を利用するタイミングで許可を確認するなど、インストール時には最小限の許可で利用ができるように変更。


バッテリーの消費も改善。端末が使われていない深夜などは『Dozeモード』と呼ばれる深いスリープモードに切り替えて電力消費を抑える仕組みを採用。これにより、『Nexus 5』『Nexus 6』で画面をオフにした状態でバッテリーが30%長持ちになったとのこと。



続いて、国内向けには今後提供が予定されている機能『Now On Tap』がプレビューされました。これは、どのアプリを使っている状態でもホームボタンの長押しにより探したい情報にたどり着ける機能。たとえば音楽プレーヤーアプリで音楽を聴いているときにホームボタンを長押しすると、再生している曲の情報とアーティストに関する情報がカード形式で提示され、検索や『YouTube』の再生など関連する行動につなげることができます。



メッセージアプリで「JJハワイに行かない?」というメッセージを受け取るデモでは、「JJハワイ」がレストランの名前であることが分かり、『食べログ』で店の情報を調べてメッセージで待ち合わせの約束をすると、カレンダーに予定を登録できるという一連の流れが紹介されました。『Now On Tap』は、国内向けには年内の提供開始を予定しています。