プロアマ戦では本間の西谷社長とラウンドした(撮影:ALBA)

写真拡大

<HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF 事前情報◇7日◇石岡ゴルフ倶楽部(7,071ヤード・パー71)>
 国内男子ツアーの新規大会「HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF」が明日8日(木)より、茨城県の石岡ゴルフ倶楽部を舞台に開催される。昨年の賞金王、小田孔明は主催の本間ゴルフの契約プロ。この大会にはホストプロとして臨む。
ここまでのシーズンをフォトギャラリーで振り返る!
 先週の「トップ杯東海クラシック」で、「風が強い日に良いスコアが出ない。全英オープンから“風イップス”気味」と話していた小田。2日目には4位タイに順位を上げたが、3日目に“83”を叩き大失速。最終的には45位で終った。
 「あの時から風邪を引いてしまった。ゴルフをしていてもぼんやりしていた」と体調を崩してしまっていたという。今週は「だいぶ良くなった」というが、まだ万全とは言えない。
 コースの印象は「メリハリが効いて難しいコース。林やラフに入れないようにしたいですね。風が強いし」と話す小田。初日は「耐えるゴルフにはなるだろうけど、60台で回りたいですね」と抱負を話した。
 今週も“風と風邪”に悩まされそうな小田。しかし、「ホストプロとして迎えるわけだし、優勝争いしたいです」と狙うは優勝の2文字。今季、初優勝はホスト大会で。熱い思いを胸に明日はスタートのティグラウンドに立つ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>