写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニ・チャームはこのほど、「生理の日」に関する調査結果を発表した。調査は6月から8月にかけて同社のホームページ「はばたけソフィガール」上にて行われ、1万3,558人から回答を得た。

6月22日〜7月31日の期間に行われた調査のテーマは 「旅行」。「旅行の時に生理になっちゃったらどうする? 」という質問をコンテンツ上で投げかけた。すると「痛み止めを飲んで旅行プランをフルで楽しむ派」が79%にのぼった。一方、「プラン変更! ゆっくり休んで無理をしないまったり旅にする派」は21%にとどまり、生理の日でも旅行の時はアクティブに過ごす女性が多いことがわかった。

8月は「花火大会の日に生理になったら何を着るか」について聞いた(集計期間は8月1日〜31日)。結果は64%が「浴衣を着て雰囲気まるごと楽しんじゃう派」となった。また「お気に入りの服へ変更! 生理を気にせずゆったり楽しむ派」は36%いた。

同社は「アクティブに過ごしたい方もまったり過ごしたい方も生理のことに対してあまり思いつめていない」と分析。「自分らしく楽しむことを心がける女性が多いことがコメントからもうかがえる結果となった」とまとめている。