写真提供:マイナビニュース

写真拡大

よみうりランド(東京都稲城市)に2016年春オープンする新エリア「グッジョバ!!」の記者発表会見が7日、都内で行われ、施設概要が明らかになった。

「グッジョバ!!」は、"モノづくり"が体験できる屋内型遊戯施設を中心とする新エリア。会見では、よみうりランド代表取締役社長の上村武志氏より、オープン日が2016年3月18日予定であることが発表され、「"モノづくり"は、わが国の主要な存立基盤として大変重要なもの。よみうりランド流のエンターテインメントの手法でモノづくりを表現し、モノづくりのすばらしさ、楽しさを体感していただく」と新エリアへの思いが語られた。キーワードは「参加感」「学べる」「競える」で、子供から祖父母まで3世代が一緒に楽しめる遊園地を目指すという。

「グッジョバ!!」は、自動車、食品、ファッション、文具の4つの業種からなる4つのfactory(屋内施設)で構成。パートナー企業としてコクヨ、日清食品ホールディングス、ワールド、島精機製作所、サポート企業として日産自動車が参加し、各factoryでは、製品の製造工程を巡る屋内型アトラクションが登場する。新設されるアトラクションは全15種。日本初となる、スパイラルリフト型ジェットコースターや映像ゲーム機能付きボートライド、自分でデザインした車が運転できるレースゲームなどが誕生する。また、各factoryでは、実際のモノづくりに触れられるワークショップも開催する。

主要アトラクションも発表され、「CAR factory」では、自分で部品を取り付けた車に乗って車両検査、試験走行が楽しめる「カスタムガレージ」、端末上でオリジナルの車を作り、その車でカーレースができる「マイレーシング」が、「FOOD factory」では、「日清焼そばU.F.O.」の製造工程が体感できる日本初の映像ゲーム機能付きボートライド「スプラッシュU.F.O.」が登場。「FASHION factory」では、洋服の製造工程が見学できる日本初のらせん状スパイラルリフト「スピンランウェイ」や、オリジナルの編み物を作ることができる「マイニット」が、そして、「BUNGU factory」では、「キャンパスノート」の製造工程をアスレチックを通して体験できる「キャンパスチャレンジ」や、「コクヨのえほん」をテーマにした子供向け遊び場「ひらめキッズ」が誕生する。

総工費は約100億円で、パーク全体のアトラクション数は、28機種から43機種へ、1.5倍に増加。最近5年で入場者数が約2倍に増え、2014年度は入場者数145万人を記録したが、新エリアオープンにより30万人増をねらう。よみうりランドにとって念願の屋内施設の誕生。上村社長は「屋内型施設にすることで、天候に左右されないような安定した集客を目指す」と語った。なお、料金は現在詳細を詰めている段階だが、ワンデーパスは大人4,000円から5,400円に値上げする予定とのこと。