常に比較されるメッシとC・ロナウド【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナのレジェンドである元オランダ代表のヨハン・クライフ氏は、バルセロナFWリオネル・メッシとレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドについて自らの意見を明確にした。6日付け『マルカ』が報じた。

 ベルリンで行われたスポーツイベントに出席した同氏は世界各国のチーム監督、代表監督の前で自身の考えを披露し、常に比較されるメッシとC・ロナウドについて見解を明かしている。

 クライフ氏はC・ロナウドを「偉大な選手だが、彼はストライカーだ。彼はゲームを作る選手にはなれないし、チームを上手く動かすプレーは出来ない。フィニッシュに特化した偉大な選手だ」と分析。

 メッシについては「メッシにはパスがあり、アシストもたくさん与える。たくさんゴールも決めるが、ストライカーではない。私にとっては偉大な選手とストライカーには大きな違いがある」とし「ふたりを同じ目で見ることは出来ない。それぞれの細部に目を向けなければならない」と両選手のタイプは全く違っていると持論を述べている。

 一方、どちらがバロンドールに相応しいかと聞かれたクライフ氏は、「疑う余地はない。誰もメッシのレベルに達している者はいない」と答え、自らの古巣のエースを推薦した。

text by 編集部