中嶋一貴ドライブのレースカー回生ブレーキで171人分の朝食が!?「TOYOTA BARISTA」の試みとは?

写真拡大 (全4枚)

クルマの減速時に発生する熱エネルギーを回収し、再利用する「エネルギー回生システム」。トヨタは、F1でも2009年から取り入れられている、ハイブリッドカーの根幹となるこの技術を、スピードと耐久性を競うレースという過酷な環境で磨き上げ、その成果をプリウスを始めとする市販車にフィードバックしている。

これまでは一部のレースファン、モーターファンの方々にのみ知られていたこの技術だが、より広く一般の方々に伝えるべく「ブレーキ時に回収したエネルギーでモーニングセットをつくる」エンターテイメントムービーが製作された。

そのムービーがこちら。

■ストーリー
1日限定でトヨタが運営するカフェ「TOYOTA BARISTA」がオープン。試飲会に招待されたお客さんが続々と入店する中、世界三大レースの一つル・マン24時間レースに参戦したレーシングカー「TS040 HYBRID」がゆっくりと登場する。

続いて店内の大型スクリーンに、ル・マン24時間レースの舞台であるサルト・サーキットを再現した光景が映し出され、ドライバーの操作に連動するようにスクリーン内のマシンも左右に動き加減速されて、お客さんたちは盛り上がる。

その間、レーシングカーの横に据え置かれたサイフォンなどの調理器具へ回生エネルギーが送られる。一周を走り終えて、コックピットから登場したのは、F1で2シーズンフル参戦し、ル・マン24時間レースでは日本人初のポールポジションを獲得した中嶋一貴さん。

 

彼が走らせたサーキット3周分の回生エネルギーで、一人あたりコーヒー1杯、トースト1/2枚、目玉焼き1/3個という171人分のモーニングセットが調理できたのだった。

■公式サイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・「おみそならハナマルキ」がミュージックPVに!?新CMも放送開始
・まだ間に合う! 秋の食材をふんだんに使った限定品!エキュートが提案する、コーススタイルの駅弁「秋弁」
・日本人の心で、フランスを詩う画家!村山密展「ムルロ工房のオリジナルリトグラフ」【Art Gallery M84】
・火星に液体状の水発見! GoogleロゴがNASAが発表した火星の新発見を記念したアニメーションロゴに!
・自作LINEスタンプをグッズ化する「LINE Creators Market」登場でリアル店舗を期間限定でオープン