イモーテル インテンスクレンジングフォーム

写真拡大

秋の深まりが身にしみて感じられるようになり、とくに女性にとって、スキンケアをめぐる関心事は紫外線などから冬季の乾燥へとシフトしているころだろう。保湿クリーム「シアバター」などで知られるフランス生まれの化粧品メーカー、ロクシタンは「スキンケアの基本である洗顔の見直し」を提案している。

さっぱりしっとりを両立「イモーテル インテンスクレンジングフォーム」

同社の「イモーテル インテンスクレンジングフォーム」(150ml、税込4104円)は2015年6月に発売されて以来、洗顔フォームとして非常に高い人気を得ているという。その理由は、同製品の特徴の一つである「濃密泡」。これが乾燥対策にも大きな効果を発揮するという。

ロクシタンの顧客が寄せたモニターには、「濃厚リッチ」「触るとはねかえってくるような弾力感」などのほか「肌をこする心配がないのがいい」「皮脂や汚れはしっかり落ちるのに洗いあがりはつっぱらない」といった、使用感に満足したコメントが多いという。

こうした評価に背中を押された格好で同社は、季節の変わり目をとらえて「洗顔の見直し」を提案したものだ。

メイクやダイエットについての数々の著書で知られ、テレビ・ラジオや雑誌などにもしばしば登場する美容家の鈴木絢子さんも「イモーテル インテンスクレンジングフォーム」の愛用者の一人。「細かい泡がお肌に密着して、吸い付くように汚れをキャッチ。同時にスキンケア成分を隅々まで届けるから、ハリのある美しい肌が実現する。さっぱりとしっとり、どちらも両立させる洗顔料は貴重な存在」と話している。