ベッカム氏から次期マンU監督に推薦されたギグス氏【写真:Getty Images】

写真拡大

 元イングランド代表の主将でマンチェスター・ユナイテッドOBのデイビッド・ベッカム氏が、次期ユナイテッドの監督候補にライアン・ギグス氏を推薦したようだ。6日の英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 現在ユナイテッドを率いるルイス・ファン・ハール監督は2017年で同クラブとの契約が切れるが、同監督は契約満了で退任する考えを示唆しており、自身のアシスタントコーチを務めるギグス氏を後任候補に挙げている。次期監督候補として期待されるギグス氏だが、長年選手として連れ添ったベッカム氏も推薦しているようだ。

「彼はとても決断力があり、意志が強く、クラブのことを熟知している。そういった部分を私が選手のときからよく見てきたんだ。彼の存在はファンにとっても大きな意味を持つし、いつかクラブを引き継ぐことを願っているよ」

 ファン・ハール監督がクラブと契約を更新する可能性も残されており、2017年以降は不透明な状況だ。果たして、将来的にユナイテッドを率いる人物は誰になるのだろうか。

text by 編集部