「ソフトバンク」サイト

写真拡大 (全4枚)

 東京電力とソフトバンクは7日、電力と通信・インターネットサービスの共同商品販売において、業務提携することを発表した。

 ソフトバンクショップ(約2,600店舗)などを通じ、電力と携帯電話や光回線での通信・インターネットサービスなどによる共同商品を、全国規模で提供する。

 また、東京電力が提供中の無料会員サイト「でんき家計簿」(約270万会員)を進化させ、「暮らしのプラットフォーム(仮称)」として2016年1月より公開。そこでも商品提供などを行う。なお、「暮らしのプラットフォーム(仮称)」においては、リクルートのWebサービス(じゃらん、ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティー、ポンパレモール等)と、ロイヤリティマーケティングのポイントサービス「Ponta(ポンタ)」の展開が発表済みとなっている。

 今後両社は、共同で新サービスの企画・開発を行っていく方針だ。