松谷化学工業はこのほど、名城大学薬学部らとの共同研究において、 希少糖のD-プシコースが、高ショ糖・高脂肪食負荷肥満マウスを用いた研究において、抗肥満作用があることを「第36回日本肥満学会」にて発表した。

同研究は、名城大学薬学部、香川大学医学部、自治医科大学医学部統合生理学部、名古屋第一赤十字病院内分泌内科と同社研究所が共同で行った。

「D-プシコース」は、自然界に存在量の少ない「希少糖」の一種。砂糖の7割程度の甘さを持っているが、ノンカロリーという特徴がある。また、抗糖尿病および抗肥満作用を示し、肝細胞内のグルコキナーゼの核外移行を促進してグリコーゲン量の増加を起こすこともわかっている。

そこで今回、D-プシコースによるグルコキナーゼの核外移行による肝糖利用の促進と肥満との関連性について検討を行った。

研究では、C57BJ雄性マウス(10週齡)に、高ショ糖・高脂肪食を投与すると同時に5%D-プシコース溶液を自由飲水下で8週間投与。投与期間中の体重増加、飲水量、摂食量を記録した。

摂取期間終了時に、尾静脈血糖値およびインスリン濃度、内臓脂肪量の測定を実施。また、肝臓内で糖の代謝を高める酵素「肝グルコキナーゼ」の発現についても調べた。

その結果、高ショ糖・高脂肪食の投与により体重増加が進むことが確認できた。一方、D-プシコースの投与では、高ショ糖・高脂肪食投与による体重増加は抑制されることもわかった。摂食量および飲水量には差は見られなかった。

結果として、高ショ糖・高脂肪食投与による血糖値、血中インスリン濃度、内臓脂肪量、肝グルコキナーゼ発現の増加は、D-プシコースの投与によりいずれも抑制されたことが明らかとなった。

(フォルサ)