楽天ジャパンオープンの話題で日本が賑わっているそのころ、遠く離れたウズベキスタンの首都タシケントで、ひとりの日本人女子選手がWTAツアー初優勝を成し遂げた。

 日比野菜緒――。日本人女子史上わずか8人しかいないツアー優勝者リストに、9人目としてその名を刻んだ20歳である。

 とはいえ、おそらく日比野の名はよほどのテニスファンでなければ、今回の優勝まで耳にする機会は少なかったに違いない。今季開始時の世界ランキングは213位。グランドスラムの出場経験はなく、今年8月の全米オープン予選3回戦がもっとも本戦出場に近づいた瞬間であった。

 ただ、「日比野菜緒」の名前に聞き覚えのない人たちでも、その名の由来となった人物なら、おそらく良く知っているだろう。

 沢松奈生子――。元世界ランキング14位、1990年代日本女子テニスブームの中核選手。日比野家の長女には、その名選手にちなんだ名が与えられた。ちなみに、菜緒の2歳年長の兄の名は、「修造」。これも、日本男子テニス界の第一線で活躍した「松岡修造」から取ったものだ。

 それら命名の由来を知れば、「さぞかし、ご両親はテニス教育に熱心なのだろう」と多くの人は想像するかもしれない。ところが実際には、日比野がテニスを始めたのは10歳の時と遅い。しかも始めたその理由も、あまりにテレビゲームに熱中する兄の運動不足を心配した親が、近所のテニススクールに通わせた「ついで」だというのだからユニークだ。

 テニス漫画『エースをねらえ!』を愛読した母、その母がこよなく愛したクリス・エバート(アメリカ)やシュテフィ・グラフ(ドイツ)ら往年の名プレーヤー、そして1990年代の日本に巻き起こったテニス全盛期......。それら二十余年に及ぶテニス史に、子どもたちを虜(とりこ)にしたテレビゲーム人気が重ならなければ、日本人女子9人目のツアー優勝者誕生も、もしかしたらなかったかもしれない。日比野本人の言葉を借りれば、「テレビの前で地蔵化していた(まったく動かずに座っていた)兄に感謝!」と言うことになる。

 偶発的な要因も含みながら、連綿とつむがれるテニス史を受け継ぎ、WTAツアー優勝を果たした日比野の成長曲線は、今年の夏ごろから急こう配な右肩上がりを見せている。7月には、アメリカで行なわれた下部ツアーで2大会優勝。その躍進の礎(いしずえ)はそれより早く築かれ始め、今年の春ごろから「コートに行くのが楽しみで仕方ない」ほどの新境地に足を踏み入れていた。

 その理由とは、戦術面に磨きをかけることで、テニスが持つ戦略性や駆け引きの深みを感得したこと。このころの日比野は、男女問わず多くのトッププレーヤーたちの試合映像を見ては、その一打一打が持つ意味合いを吟味したという。

「そうか。フェデラーのようにうまくショットを組み立てれば、そんなにラインギリギリを狙わなくてもウイナーが取れるんだ......」

 男子2位のロジャー・フェデラー(スイス)や、18歳ながら優れた戦略性で女子13位まで駆け上がっているベリンダ・ベンチッチ(スイス)など、それら男女選手たちのプレーを分析しつつ、自分に足りないものと向き合った。

「ストロークは、良いものを持っている」

 それが、コーチ陣や関係者たちが日比野について語るとき、共通して口にする言葉である。日比野本人も以前はその武器を自覚しつつ、常に強打をライン際に打ち込むことを目指してきた。しかし今年の春先ごろ、日比野は「強気のプレー」の裏に潜む、自分の弱さに目を向ける。

「攻めて負けたら、仕方ない」。強打にこだわるその姿勢を、実は敗因の隠れ蓑(みの)にも使っていた。その事実を受け入れたとき、何度も聞かされてきたコーチからのアドバイスも、それまでと異なる次元で身体の隅々まで染みわたるようになった。

「いいショットが打てるのは、当たり前。それをどう使っていけるかをコーチと話し合い、理解してコートで出せるようになっている」

 今回の優勝の要因を、日比野はそう分析した。

 そんな彼女の成長を端的に示すシーンが、決勝の対ドナ・ベキッチ(クロアチア)戦でも何度も見られた。スピンをかけた高く弾むストロークを用いながら、時には敢えて緩いペースの打ち合いに持ち込んだ。あるいは相手の正面をつくショットを効果的に打ち、リーチに勝るベキッチのダイナミックな強打を封じた。

 第1セットを奪って迎えた第2セットでは、後がなくなりガムシャラに攻めるベキッチの強打にしぶとく食らいつき、相手のミスを誘って危機を脱する場面も増える。試合前には「お腹がキリキリ痛むほどに緊張していた」という20歳は、いざ決戦の舞台に足を踏み入れれば、ガッツポーズを忘れるほどに目の前の1ポイントに集中していた。

 グランドスラム本戦出場より先にツアータイトルを手にし、世界ランキング76位まで一気にジャンプアップした日比野。一足飛びで日本ナンバー1に躍り出たシンデレラガールは、この先多くの未知に直面していくだろう。それでも彼女なら、新たな局面も乗り越えていくはずだ。スター選手の名にあやかるほどにまっすぐなテニスへの愛情と、「字まで奈生子さんと同じにしたら、どれだけテニス好きなんだと周囲に思われちゃう」との理由で漢字は変えた奥ゆかしさやバランス感覚――。親が名前に込めたそれらの想いを、きっと菜緒は未来へとつないでいく。

内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki