ハロウィンを控え、J-CASTトレンド編集部にやってきた魔女

写真拡大

チョコレートバー「スニッカーズ」は、ハロウィンに合わせて"イタズラ"を仕掛けるキャンペーンを展開中だ。キャンペーンサイトから参加でき、「アタリ」ならお祝いの動画、「ハズレ」なら誰もがイラッとしそうなユニークな動画が再生されるというものだが、ハロウィンを控えた10月某日、ハズレ動画でイタズラを仕掛ける"魔女"がJ-CASTトレンド編集部にやってきた。

ハズレ動画は6種類 アタリはお祝い動画にブランケットもプレゼント

「ハズレ」を宣告するイタズラ動画は全6種類。"魔女"はこのうちの複数の動画に出演する。編集部を訪れた際は、大きなつばのついた黒い帽子に、顔をショールで覆い、紫のミニスカートと、魔女らしい装い。身長170センチと長身でスリム、脚はスラリと長くモデルのようなスタイルだ。魔女だけに「年齢はヒミツ」という。

「写真を撮りましょう」と記者が持ちかけると魔女は何やら呪いのようにつぶやいていたが、カメラを前にするやいなや次々にポーズをきめる。「動画もお願いします。流れは...」と説明しようとしたが、「こうやって、こう動きましょう」と自ら提案してくるノリの良さ。しかし、その表情には笑いなどはなく妖気が漂う。

担当者によると、魔女役の選定にあたっては、数人のタレントの候補者の中から「この人しかいない」とほぼ全会一致で決まったという。この魔女ももちろんタレントだ。J-CASTトレンドでは、スニッカーズのキャンペーン終了後に"正体"を明かすインタビューを計画している。

キャンペーンは「スニッカーズ」を扱うマース ジャパン リミテッド(東京都目黒区)が展開するもので、ハロウィン限定パッケージの「スニッカーズ ピーナッツシングル」に記載されているシリアルナンバーをキャンペーンサイト(スマートフォンのみ対応)に入力すると、その場でアタリかハズレかが分かる。「アタリ」の場合はお祝い動画とオリジナルブランケットが100人にプレゼントされる。

期間は10月31日まで。参加はキャンペーンサイトから。