写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ディーアンドエムは10月6日、ナーチャリング型プロモーション「知って!くる! sirukuru(シルクル)」の提供を開始したと発表した。

同サービスは、同社およびグループ会社が保有する2,000万人を超えるプロモーション用のパネルネットワークから、顧客の商品やサービスに合うターゲット層を抽出し、商品やサービスを訴求。アンケートが持つ特性となる"楽しみながら回答できる" "読まないと進めない"という点を活用し、商品・サービスの特長について「認知」「理解」「興味・関心」を自然に促進する継続的なターゲットリーチを図るものとなる。

これにより企業は、アンケートを通じて商品やサービスを紹介するだけではなく、キャンペーンサイトへの誘導や商品のサンプリング、顧客の会員以外にリーチするダイレクトメールとしても活用することができる。

また、アンケートから流入する直接的なコンバージョンのほか、アンケートの分析結果も提供することで、プロモーション施策を展開するべきターゲット層の抽出やその属性の把握を可能にする。