クラブへの“造反”ともいえる発言で渦中の日本代表FW本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大

 ミランに所属する日本代表FW本田圭佑がクラブへの“造反”ともいえる発言で議論の的となっているが、この問題に対してミラン側は驚きを隠せない状況のようだ。6日にイタリア『トゥットメルカートウェブ』が報じている。

 本田は4日に行われたナポリ戦の試合後のインタビューで「(マンチェスター・)シティかパリ・サンジェルマン(PSG)くらいお金を使うか、そうじゃなければやはりストラクチャーの部分から見直していくか。でも選手は気づいていてもこのチームは変わらない。やはりそのトップの部分で、経営陣が気付く、そして監督が気付く。そして選手たちが気付く」と発言し、クラブ首脳陣や監督に対して不満を漏らしていた。

 同メディアによると、本田の“大放言”に対してミラン側は「驚き」を感じているとし、懲戒処分の対象となるだろうとしている。また、元ミランOBのジョヴァンニ・ロデッティ氏が同メディアのインタビューに応じ、本田に対して不快感を示している。

「彼は場にふさわしくない発言をしたね。彼がそう思うのなら、シティの選手を自分で買ってくればいいじゃないか。繰り返すが、彼は場違いな発言をしている。まず自分がサッカー選手としてやるべきことを考えるべきだ」
 
 ミランはセリエA第7節が終了した時点で3勝0分4敗の11位と、未だ調子が上がらないでいる。現在はジェノア戦から2連敗を続けていることもあり、起用の見直しを行うかもしれない。しかし、このタイミングで議論の的となった本田の発言は吉とでるか、それとも凶とでるのか。

text by 編集部