写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ポケットカードはこのほど、「幹事に関する実態調査」の結果を発表した。調査期間は9月1日〜4日、対象は20代〜30代男女888人。

○幹事で大変なことは「スケジュール調整」

「幹事をやることについてどう思うか」を尋ねたところ、49.9%が「好き」と回答した。一方「嫌い」は50.1%でほぼ半々にわかれた。

「幹事をやることにメリットを感じるか」という問いに対し、「感じる」と回答した人は221人。「幹事をすることによって得られるメリットは何か」を尋ねたところ、72.6%が「クレジット払いにすると、ポイントが付く」と回答した。以下「幹事の特典が利用できる」(44.8%)、「お店・会場や日程について、自分の要望を反映できる」(43.0%)、「幹事で利用した店とのコネクションができる」(23.8%)となった。

「幹事をやることに対して悩みがあるか」という問いに対し、「ある」という人は171人。うち6割が「スケジュール調整」に苦労していると回答した。また、「お店や会場の選定・予約」「参加者への連絡」と回答した人も4割をこえた。具体的には、「出席者のスケジュールが合わなくて日程が決まらない」(男性/29歳)、「みんなの返事が遅いので先に進まない」(女性/29歳)、「出席者のスケジュールが合わなくて日程が決まらない」(男性/29歳)、「みんなの返事が遅いので先に進まない」(女性/29歳)となった。

「まとめて支払う際、支払額が想像以上の額でびっくりした経験があるかどうか」を尋ねたところ、3割以上の幹事が「ある」と回答した。まとめて支払った最高額の平均は8万円となった。

「まとめて支払った際、最も多い支払い方法は何か」という質問には、63.8%が「クレジットカード」、36.2%が「現金」と回答。クレジットカードではポイントが付くというメリットがあるが、「クレジットカードの限度額になってしまい、その月はそのカードで買い物ができなくなった」(男性/36歳)、「回収できず、自分が負担した」(男性/33歳)という人もいた。