写真提供:マイナビニュース

写真拡大

MapR TechnologiesとSAS Instituteは10月6日、グローバルでの協業を基盤に、国内においても協業を開始すると発表した。

協業により、SASビッグデータ・アナリティクスの主要ポートフォリオとエンタープライズ・グレードのHadoopであるMapRディストリビューションとの密接な統合によるメリットを、両社共通の顧客に提供するとしている。国内においても、ビッグデータ・アナリティクスに対応する、「SAS LASR Analytic Server」「SAS Visual Analytics」「SAS High Performance Analytics Server」「SAS Data Loader for Hadoop」を含むSASのハイパフォーマンス・アナリティクス製品がMapR上で利用可能となる。

この統合ソリューションで、SASの機械学習やビジュアライゼーション製品を、分析基盤であるMapRのHadoopプラットフォーム上で活用し、企業が抱える業務課題を解決し、ビジネス機会を最大化。ユーザは、SANやNASといった専用ストレージに依存せずに、MapRをソフトウェア・デファインド・ストレージとして利用できるので、ビッグデータ用のストレージ基盤をコスト効率良く拡張できるようになる。同時に、より多くのデータ量や多構造化データを含むより多くのデータ種をパフォーマンスとコスト効果高く分析したいというニーズに応えられる。

このSAS on MapRの統合ソリューションは、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、日本ヒューレット・パッカードの両社共通のパートナーからも購入・システムインテグレーションといったサービス提供が可能で、両社で新規パートナーも開拓、育成していくという。