米MicroStrategyは9月8日(現地時間)、「MicroStrategy 10.1」の一般提供を開始した。新バージョンでは、数百に上る新しい拡張機能を追加したという。

同バージョンではさらに、エンタープライズ・データ・ディスカバリのユーザー向けに、「MicroStrategy 10 Secure Enterprise」「MicroStrategy Desktop 10.1」「MicroStrategy Web 10.1」の新しいセルフサービス機能を追加し、より多くのデータ ソースでデータ編集と加工(データ・ラングリング)が可能になったとのこと。外観はグリッド・スタイル、ナビゲーション、統合したビューと検索機能を兼ね備え、操作性が向上したとしている。この他、「MicroStrategy Mobile」およびカスタムの「Mobile Productivity Apps」でのD3ビジュアリゼーション、ESRI地理空間ビジュアリゼーション、iOS 9のサポートといった新機能を搭載した。

(山本善之介)