写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オウチーノはこのほど、「お祝いごと」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は9月11日〜13日、首都圏在住の20歳〜49歳の男女443名を対象にインターネットで行われた。

○結婚祝いは「現金2万〜3万」が相場

はじめに、「『ご祝儀』や『結婚祝い』は、どれくらいの金額の現金や品物を贈っていますか?」と質問したところ、「20,001円〜30,000円の現金」を贈っている人が最も多く、仲の良い友人(35.5%)、先輩・上司(28.3%)、後輩(23.4%)、親戚(22.1%)でそれぞれ最多回答となったが、相手が知人の場合では「10,000円以下の現金」が22.6%でトップだった。

○出産祝いの内容に男女で差

続いて、「出産祝い」についても質問したところ、仲の良い友人、先輩・上司、後輩へは「3,001円〜5,000円の品物」を贈ると答えた人が最も多く、それぞれ22.8%、21.1%、18.8%だった。

男女別に結果を見ると、女性の場合は仲の良い友人、先輩・上司、後輩、知人へのお祝いでも「3,001円〜5,000円の品物」を贈る人が一番多く、一方、男性は仲の良い友人や親戚以外には「何も贈らない」と答えた人が最も多かった。

また、親戚に対してのお祝いは男女ともに「20,001円〜30,000円の現金」を贈った人が多かったが、さらに男性は仲の良い友人へのお祝いでも「20,001円〜30,000円の現金」を贈った人が最多に。男女でも出産祝いを贈るのか贈らないのか、そして品物か現金かに違いが現れる結果となった。

○新築・引越し祝いは不要!?

次に、「新築祝い」や「引っ越し祝い」について調べた結果、3割以上の人が「何も贈らなかった」と回答。2番目に多かったのは「5,000円以下の品物」だった。

最後に、結婚祝い・出産祝い・新築祝いなどを"贈らなかった"理由について尋ねたところ、「そこまで仲が良くないから(34.4%)」という回答が目立ったほか、「余計な気を使わせたらダメだと思った」など、相手との関係性を配慮する声も見受けられた。また、新築祝いや引っ越し祝いに関しては、「知らなかった」「新築祝いはごく近い身内だけで贈るものだと思っているから」「考えていなかった」といった声も寄せられた。

(CHIGAKO)