最新のVR技術を駆使したプロポーズは成功したのか

写真拡大

台湾HTC社と米国のゲームメーカーValve社が共同で開発している最新の「ルームスケールVR」では、4.5m四方を動き回ることができる。この技術がもたらす可能性は計り知れない。プロポーズだってできる。

「最新のVR技術を駆使したプロポーズは成功したのか」の写真・リンク付きの記事はこちら

台湾HTC社と米国のゲームメーカーValve社は、「ルームスケール」の仮想現実(VR)が楽しめるというヘッドセット「HTC Vive」を共同で開発している。まだ一般向けには発売されていないが、一部の開発者はすでにプレリリース・キットを手に入れ、その可能性を体験する機会を得ている。

Valve社の社員は、これまでにHTC Viveで誰も試したことがないことに挑戦した。恋人へのプロポーズだ。

この件は、プロポーズを受けたケリー・トートリスのFacebookフィードから明らかになった。プロポーズは、ワシントン州ベルヴューにあるValve本社のVive試験室で行われた。

トートリスは10月1日、当時はボーイフレンドで現在は婚約者となった、チャンドラー・マーチが働くValveのオフィスへと向かった。その目的は、この1年の間にさまざまなゲーム・エキスポでデモンストレーションが行なわれてきた、一連のVRツールを試してみるというものだった。それは例えば、3D空間に絵を描く非常に印象的なアートアプリ「Tilt Brush」(日本語版記事)などだ。

彼女はこう記している。「そこで私は、沈没船の甲板にいたり、ロボットを修理したり、3Gの炎を描いたり、アルプス山脈の中を歩いたりしていました。すると突然、婚約指輪が目の前に浮かんできたのです」

彼女のFacebookフィードの写真が示している通り、彼氏は、HTC Viveが追跡可能なコントローラーを持って彼女に歩み寄っている。ヘッドセットを通して彼女に見えたのは、空中に浮かんで近づいてくる指輪だった。

彼女がヘッドセットを外すと、仮想の指輪が浮かんでいた場所に、魔法の杖型コントローラーと本物の指輪を手に持った彼が、片膝をついてひざまついているのが見えた。

「もう仮想ではなくなったんです」と彼女は言う(ちなみに彼女はこの結婚の申し込みにイエスと答え、この型破りなプロポーズを愉快で楽しいサプライズだったと述べている)。

このプロポーズはおそらく、2015年4月に動画が公開されたプロポーズより多少ハイテクと言えるだろう。このプロポーズでは、グーグルがつくり方を公開している(日本語版記事)段ボール製VRセットが使用されていた(文末に動画掲載)。

HTC Viveの一般向け発売ページには、発売予定が2015年以内と記載されているが、そのリリースは、年末が近づいている現時点においても具体的には明らかにされていない。基本的には座って利用する「Oculus Rift」と比べ、HTC Viveは、4.5m四方を歩き回る「ルームスケールVR」が売りの製品だ。HTC社やValve社が機能の一例として、プロポーズに言及するかどうかに注目したい。

関連記事:トンボやカエル、フクロウの目で世界を見るVR体験(動画あり)

TAG

Arstechnica USHTCViveProposeVideoVR