うつ病の補助療法として「ハーブヨガ」に注目 wavebreakmedia/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 ストレスフルな環境のなか、うつ病患者は年々増加傾向にある。

 厚生労働省のうつ病など「気分障害患者」調査によると、1996年は患者数43.3万人だったものが2002年には71.1万人、2005年には92.4万人と増加、2008年には104.1万人と、ついに百万人を突破した。医療機関を受診していない"隠れうつ病"も加えると、患者数の実態は倍増しているだろう。

 うつ病の主な原因のひとつには環境によるストレスが挙げられるが、原因不明のまま発症するケースは少なくない。現在の治療は、抗精神病薬の服用が主流だ。完治までに長期間、薬に頼る生活を余儀なくされる。

 かつて、うつ病は「心の風邪」と称されたが、現在は「慢性疾患」のくくりだ。そうしたなかで、薬に頼らない補助的治療が注目を集めている。なかでも「ヨガ」の研究が進んでいる。

海外の大学で研究が進む補助療法「ヨガ」の効果

 ドイツのデューズブルク・エッセン大学の研究グループが2013年1月に、うつ病患者の補助療法としてヨガを行った619例のデータを統合・解析して12本の論文をまとめた。

 その結果、ヨガを行ったうつ病患者群の方が行わなかった群よりも重症度の改善がみられ、ヨガはうつ症状の強い人の補助的治療の選択肢の一つである可能性を示した。

 ハーバード大学でもヨガや瞑想がメンタルヘルスに及ぼす影響について、強いストレスを受けている210人を3群に分け、その有効性を調査中だ。遺伝子解析などの最新技術を駆使し、ヨガや瞑想による生理学的変化を科学的に測定しようという試みが進んでいる。

補助療法として「ハーブヨガ」を取り入れる

 東京・西東京市の北山クリニック(心療内科・精神科)は、心療内科では珍しいヨガを取り入れたリラクゼーションスペースをもつ。北山徳行院長は、ヨガを取り入れた理由についてこのように話す。

 「うつ状態の人は不安や緊張に伴って動悸や頭痛、めまい、胃腸症状など、自律神経系のバランスが崩れている。精神と肉体は自律神経系を介して常に連動しているから、気分をリラックスさせることで心身のバランスがとれる」

 「リラックスの方法は数多くあるが、なかでもヨガは世界中に愛好者がいる。体を動かす楽しさと習得の容易さ、アクセスのしやすさ、バリエーションの豊富さなど利点も多い」

 北山クリニックが主宰するリラクゼーションスペース「想舞(そうぶ)」では、毎週土曜日ヨガと香りを組み合わせた「ハーブヨガ教室」を開催している。

 ヨガによるストレッチや瞑想に加えて、ハーブの香りをかぐことで、さらに有効性の高いリラクゼーションが期待できるのではないかと考えての試みだ。

 「リラックスの方法を知っている人は、心の病にもなりにくい。患者さんからは気持ちが穏やかになった、不安や緊張感にとらわれなくなったという声を聞く」と北山院長。

ハーブの科学的な実証はこれから

 香り自体の心地よさに、気分を和らげる作用があることはよく知られている。ヨガでも、瞑想を深めるためのアイテムのひとつとして用いられている。

 「一般的には、ハーブはうつ病などに効果があるとうたわれているが、科学的な実証はこれから」。同クリニックは補助療法として「ハーブヨガ」の実績を積んでいる最中だ。

 仕事と家事に振り回され、精神的な重圧を感じることも多いという40代女性は、レッスンに通い始めて「体はスリムに、気持も明るくなった」と実感しているという。
(文=編集部)

リラクゼーションスペース「想舞」
毎土曜日午前10:30~11:30・初心者向けリラクゼーション。12:00~13:00・ヨガ経験者向けアクティブクラス。1レッスン1800円(ヨガマット、レンタルウェア、ハーブティー付)。東京都西東京市ひばりケ丘1-4-3ケイアイビル2F、電話042-438-6021。予約はwebから。http://rs-so-bu.com