フランス代表率いるデシャン監督に称賛されたFWアントニー・マルシアル【写真:Getty Images】

写真拡大

 フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督が、マンチェスター・ユナイテッドで活躍する19歳のフランス代表FWアントニー・マルシアルを賞賛した。5日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 マルシアルは今夏にリーグ1のモナコからユナイテッドに移籍してきた。当初はフランス代表での出場経験がなく、知名度も低かったマルシアルだが、今季リーグ戦4試合の出場で3得点を決めるなど、早くもチームにフィットしている。デシャン監督は同選手に対して称賛する言葉を贈った。

「彼はそのパフォーマンスによって批判が間違いであることを証明した。マンチェスター・ユナイテッドに加入したことで、彼の世界は大きく変わったね。彼は多くの可能性を秘めていると思うよ。遠慮を知らない選手ではあるが、彼がフランス代表としてプレーすることに問題はない」

 ユナイテッドは移籍期間の終了間際に総額5800万ポンド(約107億円)を支払ってマルシアルを獲得した。19歳という年齢の選手に対して高額投資をしたことで批判も多かったが、それに見合うだけの活躍を見せ始めている。

ユナイテッドではすでに欠かせない選手となっているが、フランス代表でもその輝きを放つ日はそう遠くないのかもしれない。

text by 編集部