「アニメーションブートキャンプ2015」(合宿版)

写真拡大

11月20日(金)から23日(月•祝)にかけて、 3泊4日で開催される合宿「アニメーションブートキャンプ2015」。

【『電脳コイル』板津国覧らが講師! 3泊4日で学ぶ文化庁のアニメ合宿の画像・動画をすべて見る】

アニメーション業界に就職を目指す大学生、専門•各種学校生を対象に、実践を通してアニメーションを学ぶ内容となっている。

講師には、TVアニメ『電脳コイル』総作画監督をつとめた板津国覧さんや、アニメスタジオ・プロダクションI.Gの取締役でアニメーターの後藤隆幸さんといった、アニメ現場の第一線で活躍する豪華な顔ぶれが並ぶ。

参加費は約14,000円、応募締め切りは10月12日(月)となる。

講師陣も超豪華! 文化庁の一環で開催されるアニメ合宿



「アニメーションブートキャンプ」は、2012年から毎年、文化庁のメディア芸術関連事業の一環として開催されているワークショップ。技術や知識だけでなく「表現者として自己開発できる人材をそだてること」を目指している。

参加者は、日本を代表するアニメーター、アニメーション監督からアニメーションの大切な要素である「観客に伝わる表現手法」「身体感覚の重視」といった表現者の核となる基本姿勢を学んでいく。

さらに、グループによるアニメーション制作も実施。レクチャーだけでなく、実践を通した学びも4日間にわたる合宿ならではの試みだ。また、12月中旬には作品の講評会も開催される。

講師陣には、前述のほかにも、スタジオジブリで数々の原画をつとめて現在フリーのアニメーター・稲村武志さんや、劇場アニメ『マイマイ新子と千年の魔法』で監督をつとめクラウドファンディングで制作資金を集めたことでも話題を呼んだ『この世界の片隅に』を制作中の片渕須直さん。さらに、アニメーター出身で数々の演出を手がけTVアニメ『二十面相の娘』で監督をつとめた富沢信雄さんが参加する。

2015年度の関西圏での開催はすでに終了し、残る関東圏での開催も締切が迫っている。