Doctors Me(ドクターズミー)- 【2、3才までで決まる?】赤ちゃんには汗をかかせた方がいい?

写真拡大

暑い時期、赤ちゃんが汗をたくさんかいていると、あせもなどを心配する方もいらっしゃるのではないでしょうか?
一方で、赤ちゃんがあまり汗をかかないことはよくない、と聞かれたことはありませんか?
そこで今回は、赤ちゃんと汗の関係について医師に解説していただきました。

寒い地方の人は汗腺が少ない!?

汗は気温などによって体の体温が熱くなりすぎないよう、温度を調節するためにかきます。汗がでるのは汗腺からですが、汗腺には実際に汗のでる能動汗腺と、汗はでない汗腺があります。この能動汗腺の数は生まれてから増えるといいます。そのため、寒いところの人は能動汗腺の数が少なく、暑い地域の人は能動汗腺の数が多い、ということになります。

能動汗腺が少ないと熱中症になりやすい?

日本の夏は暑いですが、赤ちゃんがクーラーのきいた室内でずっと過ごしたり、あまり汗をかかないような環境に保つことによって、赤ちゃんが汗をかかないまま大きくなってしまうと、汗のでる汗腺がしっかり形成されないことがあります。
能動汗腺は、赤ちゃんが生まれてから2〜3年の間にその量が決まり、大人になってからは変動しません。そのため、成長してから外で遊んだり過ごしたりするようになってから、暑さなどに対応できなくなってしまうことがあります。
胎動汗腺が少ないと熱中症になりやすくなったり、低体温症になってしまうことがあります。そのため、疲れやすくなったり、活発に活動ができなくなることもあります。
これを防ぐためには、ある程度赤ちゃんも汗をかいたり、外気浴などを行うのが望ましいといえます。

【医師からのアドバイス】

赤ちゃんの体温は大人よりも高く、外気によっても上がりやすく、大人に比べると汗もかきやすい一方で、細胞の水分保持量などから、脱水になりやすいといえます。
また、乳児の頃は皮脂も多く、皮脂などに隠れて皮膚が擦れやすいため、あせもになりやすくなります。
汗をかいたらシャワーなどで洗い流したり、こまめに水分をとるようにして、しっかり汗をかくようにできるといいですね。