村上龍

写真拡大

コインロッカー幼児置き去り事件を題材に、村上龍が1980年に発表した小説「コインロッカー・ベイビーズ」。発表と同時にセンセーションを巻き起こし、第3回野間文芸新人賞を受賞したこの作品が、A.B.C-Zの橋本良亮と河合郁人主演で舞台化されることがわかった。

「A.B.C-Z」戸塚祥太、桐谷ヴァンパイアと恋に落ちる役で映画デビュー!

「コインロッカー・ベイビーズ」とは、コインロッカーに置き去りにされた本作の主人公であるキクとハシ2人のことを指し、彼らを主軸に現代の若者を痛切に批判。密閉されたコインロッカーで何もできない、何をしても無駄に終わってしまうという無力感をはじめ、葛藤、屈服、反抗、逃走など、今日の若者を表わす激しくもせつない物語だ。

これまで映像化もされていないこの作品が、2016年6月、初めて音楽舞台化されることが決定。橋本と河合が演じるのは主人公のハシとキク。2人のキャスティングについてプロデューサーは、「橋本さんと河合さんはお芝居と歌の表現力が長けていて、作品のメッセージにある若者の持つエネルギー、純粋さ、可能性を、2人が秘めていると感じました。さらに、透明感あふれ、この役を演じる役者さんとして、最もふさわしいと実感しました」とコメント。

ハシ役に扮する橋本は「村上龍さん原作のコインロッカー・ベイビーズが2016年6月に幕が上がります。僕はハシ役でやらさせていただきます。僕の名前が橋本なので嬉しいです。このロングセラー小説を自分なりに自信をもってみなさんを満足できるように橋本良亮頑張りたいと思います」と話し、キク役の河合は「大ベストセラー小説のコインロッカー・ベイビーズに出演できる事に今からワクワクしてます!僕の演じるキクはもの凄く強いキャラクターで想像もしたことのなかった人物像です。でも、魅力的なので、今から楽しみです!今までの河合郁人からは想像できないくらい、入り込んで役作りしたいと思っていますので、お楽しみに!」と述べている。

舞台「コインロッカー・ベイビーズ」は2016年6月4日から6月19日まで赤坂ACTシアターにて上演される。

中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、菅田将暉が釜山映画祭に登場!
木村拓哉が三池崇史監督と初タッグで不老不死の肉体を与えられた侍役に!
山田涼介主演『暗殺教室』続編が来春公開。二宮和也、桐谷美玲も本格参戦!
森田剛、映画初主演で連続殺人鬼に!古谷実の「ヒメアノ ル」を映画化