写真提供:マイナビニュース

写真拡大

しながわ水族館、京都水族館、よこはま動物園ズーラシア、須磨海浜水族園などにおいて、リアル謎解きゲームを手掛け、年間5万人以上を動員した謎解きタウンを運営するDASは、「リアル謎解きゲーム in マリンワールド海の中道 空飛ぶペンギンと堕天使の古文書〜失われたページに隠された謎〜」を閉館後のマリンワールド海の中道(福岡市)で開催する。

「リアル謎解きゲーム in マリンワールド海の中道 空飛ぶペンギンと堕天使の古文書〜失われたページに隠された謎〜」はオリジナルのストーリーに沿った「参加キット(謎の手がかり)」をもとに謎を解き明かしミッションクリアを目指すイベントで、謎解き時間は70分。終了後、解答の発表が行われる。

■イベントストーリー
鬱蒼とした山の上流、月明かりに照らされて、苔むした水の中に、うごめく「生き物」がいる……。
その「生き物」は、小さな目をしょぼしょぼさせ、ぐったりとへたりこんで、元気がない。
その「生き物」の周りを、川の上流に住むイワナ君やヤマメちゃんたちが、心配そうに泳ぎ回る。そこへ上空から、輝く一筋の光が、上流に向かって突っ込んでいく。
一筋の光の正体は、一羽の鳥。鳥は、なんと……まるっこいケープペンギン。
ペンギンが短い羽をばたつかせて、大量の汗をかきながら飛んでいる。
やがて上流の水辺に降り立つその一羽のケープペンギンが、はあはあと息を切らしながら、ぐったりとしている「生き物」のそばにより、何か、「小さな固形物」を食べさせた。
その瞬間、元気がなかった「生き物」は大きく目をぱちくりし、笑顔を見せた……。

不思議な夢から覚めた1匹のペンギン、イング。イングは「生き物」を救うために旅に出ることを決意する。果たして、イングは水族館の仲間たちの力を借りながらその「生き物」を救うことができるのか!?

イベントの開催は、10月31日(土)、11月1日(日)、3日(火・祝)、7日(土)、8日(日)の計5公演。ストーリー演出の一部として参加者のみが見ることができるアニメーション映像の堕天使カレン役に『ラブライブ!』(小泉花陽役)などで活躍する声優・久保ユリカがキャラクターボイスで出演し、このイベントだけのオリジナルの世界観を演出する。

イベントの内容やチケットなどの詳細は、「リアル謎解きゲーム in マリンワールド海の中道」公式サイトをチェックしてみよう。