作業着などの帽子にカラーコードを付け、入退室を管理。低コストながら個別認証で作業者ごとの履歴を残すことができる(撮影:防犯システム取材班)

写真拡大 (全4枚)

 東京ビッグサイトで開催された「フードファクトリー2015 食品工場改善設備展」にて、食品施設計画研究所はカラーコードを用いた入退室管理ソリューションの展示を行った。

 作業着の帽子にカラーコードを取り付け、ドアの頭上に設置した監視カメラでそのコードを読み取り、個別認証で入退室の管理を行うというもの。ブースでは電子錠でロックされた自動スライドドアと組み合わせ、ハンズフリーで入退室が可能になるシステムの実演展示が行われていた。

 食品工場では、衛生面から作業員が帽子にマスク、ゴーグル、ポケットのない白衣といった格好で作業することが多く、顔認証やICカードによる入退室管理が難しいケースも少なくない。

 そこで同ソリューションでは、帽子の頭上に取り付けたカラーコードに個人識別のデータを入れておき、監視カメラの画像認識機能を使って認証させることで、連動してドアの施錠を解いたり、入退室のログ取りが可能だ。

 個別認証方式なので共連れを防ぎ、履歴はすべて残せるので、入退室のチェックや動態管理にも対応。また、入退室時の様子を監視カメラの映像で確認することも可能だという。

 前に立つだけでドアが開くため、認証のために手袋やマスク、帽子を外す必要もなく、RFIDなどのICタグに比べて導入&運用コストを抑えることができる点もメリットとなる。

■関連リンク
「食」の安心・安全特集
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI