いまAI業界に求められる人材とは? シンギュラリティに備えるための6人の回答 #wiredai

写真拡大

9月29日に開催した人工知能カンファレンス「WIRED A.I. 2015」。国内外でAI研究を率いる頭脳が集い、AIの未来を考えた1日の最後のプログラムでは、当日に参加者から募った質問に登壇者が答えた。これが、「AIの未来についてのいくつかの回答」だ。

「いまAI業界に求められる人材とは? シンギュラリティに備えるための6人の回答 #wiredai」の写真・リンク付きの記事はこちら

2045年、機械が人を超えるとき、ぼくたちは何を見るのか。人工知能も夢を見るのか──。

世界をリードするAI研究者とともに、来るべきシンギュラリティ(特異点)を考える1dayカンファレンス「WIRED A.I. 2015」が9月29日、虎ノ門ヒルズで開催された。

12名の登壇者による6時間のイヴェントの最後のプログラム「AIの未来についてのいくつかの回答」では、当日会場から集めた質問に、松田卓也(宇宙物理学者/神戸大学)、ベン・ゲーツェル(AI研究者)、山川宏(ドワンゴ人工知能研究所)、一杉裕志(産業技術総合研究所 人工知能研究センター)、上田泰己(東京大学/理化学研究所)、齊藤元章(PEZY Computing/ExaScaler)の6名が答えた。

機械は意識をもつことができるか? AIが人間を超えたときはどうするのか? AI界に求められる人材から「なぜAIを研究するのか」という疑問まで。彼らの思考から、“AIの未来”を考えるヒントが見えてきた。

Q1:AI開発のコミュニテイに参加するためには、どのようなスキルが必要でしょうか? いま、AIの世界ではどのような人材が求められているのでしょうか?

ベン・ゲーツェル(以下、ベン) 優れた人材を探すとき、「領域横断型」の人を見つけるのが難しいと感じています。数学を学びプログラミングができる人というのは簡単に見つけることができますが、人工知能に関する知識を総合的にとらえて、機能をデザインできる人というのはなかなかいません。生物学から認知科学、数学からプログラミングまでの知識を幅広く理解している人が少ないからです。

いまの大学のシステムはスペシャライズ(専門化)された知識をもつ人材を育てるようにできていますが、汎用知能というのはもちろんスペシャライズされたものではありません。従って知能を扱うためには、ありとあらゆる側面からアプローチを行う必要があります。だからこそ領域横断的な知識というのが求められるのです。そのためには、広い分野のことに興味をもって考えるということをしなければいけません。

上田泰己(以下、上田) たしかにベンさんのおっしゃるように、いまの大学は分野で分かれています。しかし一方で、新しく大学に入る若い世代の人たちは、いま世界で起こっていることを敏感に感じているようにも思います。例えば医学部に入った学生から、「先生、いまからAIを勉強しなきゃいけないと思うんだけどどうすればいいですか?」と真剣に相談されることもあるんですよね。

そうした幅広い分野に興味をもつ人の可能性を伸ばす環境が、東京には特にたくさんあると思うんです。だから学ぶ場所においては、大学だけにこだわる必要はないと思います。そして異分野に進むに当たってもしどこに行けばいいのか迷っている方がいれば、ぜひ生命科学にいらしてください(笑)。

松田卓也(以下、松田) 何を学ぶか、を選ぶには「時代」をとらえることが大事だと思います。ぼくは大学院で素粒子論や相対性理論を学びました。だけどね、いま素粒子論や宇宙論をやっている人に言いたい。「やめなさい」と(笑)。

ぼくが1965年に宇宙論の分野に入ったときには、宇宙論が大爆発する、すなわち社会的に注目を浴びる直前でした。ですからそのときに大学院の修士・博士課程にいて思ったのは、「学生ですら世界と対等に闘えた」ということ。そして現在、当時の宇宙論に当たるものが人工知能になるのだと思います。

(関連記事)松田卓也が託す、日本がこれから歩むべき「シンギュラリティへの道」

「生命科学がAIにもたらすもの」をテーマに登壇した上田泰己(東京大学大学院医学系研究科システムズ薬理学・教授/理化学研究所生命システム研究センター・グループディレクター)。専門はシステム生物学・合成生物学で、概日時計などをテーマに生命システムの「時間」の解明に取り組む。

Q2:そもそもなぜ「汎用」人工知能をつくる必要があるのでしょうか? ある目的に特化した機能をもつ「狭い」人工知能を、たくさんの種類つくるといったアプローチではいけないのでしょうか?

山川宏 たしかにさまざまな能力をもった狭い人工知能を個別につくって組み合わせれば、できあがったものは汎用人工知能とほぼ同じものになると思います。ただ汎用性がある知能は、いろいろな能力を自分で獲得することができ、完成したあとからでも新しい機能をどんどん自動で獲得することができる。そうすることで多面的に問題解決をすることができる、あるいは想定していなかったようなことに対しても対処できるような知能が生まれると考えています。

ベン その質問に対する答えはシンプルで、汎用人工知能の方が現実世界においては優れたパフォーマンスを発揮するからです。例えば、それぞれ何かひとつのことしかできない専門家が1,000人いるような会社をマネージメントするのはとても大変ですよね。そこではスペシャリストを束ね、彼らの言葉を現実世界でも理解できるように翻訳するジェネラリストの存在が必要になります。

スペシャライズされたAIというのはある目的のためにはとても便利だと思いますが、複雑なこの現実世界というのは、決して専門性で分けられるようにはできていません。幅広い物事に対処できる汎用人工知能こそが、この混雑した世界の問題を解くことができるのです。

「汎用人工知能はオープンコミュニティから生まれるか」をテーマに登壇した山川宏(ドワンゴ人工知能研究所所長/人工知能学会理事/玉川大学脳科学研究所特別研究員)。「全脳アーキテクチャ勉強会」や「汎用人工知能研究会」の発起人。


TAG

AIBiologySingularityWIRED A.I.WIRED Conference

「人間のようなAI:本質的危険性と安全性」をテーマに登壇した一杉裕志(産業技術総合研究所 人工知能研究センター 脳型人工知能研究チーム主任研究員)。全脳の情報処理アーキテクチャの解明を通じて、人類の役に立つ「人間のような知能」の実現を目指している。

Q3:AIが意識をもつことは可能ですか?

一杉裕志(産業技術総合研究所 人工知能研究センター) 「意識とは何か」というきちんとした定義がまだないという問題はありますが、わたしは、「意識がある」というのは脳が正常に働いている程度のことでしかないと思っています。ですから脳を模倣した人工知能も、人間と同程度に意識をもつことになるだろうと考えています。

上田 ぼくはもう少しロマンチックな考えをもっていて、まだ計測によって定義されていない意識というものを、定義しようとしているのがわれわれ生命科学者の立場です。(わたしが行っている脳の全細胞解析研究によっていつか)生きた脳を大規模にリアルタイムで見ることができれば、意識自身の定義もできるかもしれない。そしてその定義ができれば、次はスーパーコンピューターの開発を行っている齊藤さんに「意識のあるAI」をつくっていただければと思います。

齊藤元章(PEZY Computing/ExaScaler) はい、なぜわたしたちが1H(1ヒューマン=人間1人の能力をもつこと)のコンピューターの実現を目指しているのかという理由はまさに、意識を確認したいという好奇心があるからです。そして機械によって人間よりも優れた知性がつくれたときには、その知性が、いまわれわれが十分に理解できていない意識というものを解明できる可能性があるのではないかと考えています。

「プレ・シンギュラリティの衝撃」をテーマに登壇した齊藤元章(PEZY ComputingExaScaler代表取締役会長)。大学院時代から日米で医療系法人や技術系ヴェンチャー企業10社を立ち上げた研究開発系シリアルアントレプレナー。

Q4:AIの能力が人類を超えた場合、その解が正しいか否かを誰が判断するんでしょうか?

上田 以前、ある純粋数学者とそのような話をしたことがあるのですが、純粋数学という分野も、ほとんどの人には理解できないそうです。そこで「どのように答えを判断するんですか?」と聞いたら彼は、「自分が信用している人が信用している人が信用している…からよい」という判断をするのだといいます。なのでAIの解に関して言えば、「自分の好きなAIが好きなAIが好きなAIがよいと言っている、からよい」と判断することも考えられるでしょう。そうした信用の連鎖を使って評価するしくみを、われわれはすでにもっているのです。

もうひとつの判断方法は、時間が教えてくれるというもの。いまは正否がわからないものでも、時間が経ち、それがいかに重要なはたらきをしてきたかを振り返れば、「やはり正しかった」と言えるのでしょう。

Q5:なぜ、人工知能を研究するのですか?

松田 なんのためにぼくたちが超知能をつくりたいかというと、宇宙を知るためです。ディープマインド(グーグルに買収されたロンドンの人工知能企業)創業者のデミス・ハサビスは、もともとは物理をやりたかったと言っています。物理をやるために宇宙を知りたい。そして宇宙を知るためには脳を知って、人工知能を使って宇宙の研究を行うのがいちばんの近道だと。同じことはヌメンタ社共同創業者のジェフ・ホーキンスも言っています。超知能をつくるのは宇宙を研究するためだと。

つまりわれわれは、自然の謎を知るために脳を研究しているのです。世界を理解するために、人工知能を理解したいのです。

「シンギュラリティへといたる道」をテーマに登壇した松田卓也(宇宙物理学者/神戸大学名誉教授)。著書に『これからの宇宙論 宇宙・ブラックホール・知性』『2045年問題 コンピュータが人類を超える日』などがある。

残りの質問は、本誌にてベン・ゲーツェルが答えます!
12/1発売『WIRED』VOL.20「人工知能」特集

世界をリードするAI研究者たちとともに、人と機械と社会のこれからを考えた「WIRED A.I. 2015」。12月1日発売の『WIRED』VOL.20「人工知能」特集では、カンファレンスの内容をレポートするほか、登壇者たちのオリジナルコンテンツを掲載。日本を率いるAI研究者たちの思考から、AI社会の未来をひも解いていく。詳細はこちらから。

AIの次は、「未来の都市」を考える!
「WIRED CITY 2015」10/13@六本木アカデミーヒルズ

2020年に向けて、その先の未来に向けて、ぼくらはどんな東京を、そして社会をつくっていきたいのか。テクノロジーによる都市づくりの可能性を探る「NEW CODE」、“都市開発”を再定義する「NEW DEVELOPMENT」、新しい都市共同体のつくりかたを考える「NEW COMMUNITY」の3つの視点で未来の都市を考える1dayカンファレンスに、国内外から豪華スピーカーが集う。さらにスペシャルセッションとして、トラックメーカー・tofubeatsの登壇が決定! WIRED CITY 2015のために彼がつくった「未来のTOKYOのための音楽」を聴ける、ここだけのチャンスをお見逃しなく。詳細はこちらから。

TAG

AIBiologySingularityWIRED A.I.WIRED Conference