ヒマラヤで新種生物211種を発見 歩く魚や雨が降るとくしゃみをするサルなど

ざっくり言うと

  • WWFはヒマラヤで新種生物211種が発見されたとする報告書を発表した
  • 地上で4日間生存でき、湿った地面の上を最長400メートル移動できる魚など
  • 2010年に発見された、雨が降るとくしゃみをするサルも含まれている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング