「Yelp」の病院レヴュー「治療の待ち時間」「部屋の静かさ」など公的データで拡充

写真拡大

日本でも展開されているレヴューサイト「Yelp」には、医療施設のセクションがある。米国では、主観的なユーザーレヴューだけでなく、緊急治療の待ち時間や、過去に支払った罰金、深刻な不備の有無などに関する公的データも掲載されている。

「「Yelp」の病院レヴュー「治療の待ち時間」「部屋の静かさ」など公的データで拡充」の写真・リンク付きの記事はこちら

Yelp」はおそらく、レストランのレヴューで最もよく知られているサイトだろう。だが、2004年に同社を設立した際、創設者のジェレミー・ストッペルマンとラッセル・サイモンズは、まともな食事が食べられる場所よりも、オンラインで名医を見つける方法に関心があった。

Yelpは2015年8月、そうしたルーツに戻る新機能を発表した。病院や介護施設、透析クリニックの全評価ページに、緊急治療室での平均待ち時間や、施設が過去に支払った罰金、報告された深刻な不備などのデータが含まれるようになったのだ(4,600の病院、15,000の養護施設、6,300の透析クリニックの評価ページで、こうしたデータが四半期ごとに更新されるという)。

Yelpのパブリップポリシー担当ヴァイスプレジデントであるルーサー・ロウによると、Yelpにレヴューが掲載されている企業のうち約6パーセントが医療分野の企業や施設だが、新たなデータは、ユーザーが、十分に情報を得たうえで利用する施設の決定を下すのに役立つという。

これらのデータは、非営利調査報道機関「ProPublica」との提携によるものだ。ロウは、この提携を相互協力関係だと説明している。ProPublicaがYelpにデータを提供し、Yelpはその代わりに、独自のレヴューデータの一部をProPublicaに提供するという。ProPublicaがYelpに提供するデータには、米連邦政府が公開しているデータセットから得たものや、ProPublica独自のデータがある。

ProPublicaはもっぱら、「ナショナル・パブリック・ラジオ」(NPR)や『The New York Times』紙、『Time』誌のようなインテリ向けの報道機関と提携し、長文の調査報道記事を書いてきた。

ProPublicaが提供する定量的なデータは、Yelpのレヴューページにある程度の客観性を与えることになる。Yelpはこれまで、レヴューの審査時に広告主を優遇しているとの批判に悩まされてきた。『Los Angeles Times』紙の記事によれば、そうした件で起こされた訴訟はいずれも、却下されて裁判には至っていないというが、同社にはいまだにそうした疑惑がつきまとっている。

関連記事:「悪い評判の掲載で恐喝」:米国有名サイトが提訴される

さらに、「活動家」たちが押し寄せているレヴューページもある。例えば、ジンバブエで最も有名だったライオン「セシル」を殺して非難を浴びた歯科医のページは、偽のレヴューが大量に書き込まれた。実体験に基づくレヴューなのか、反感を抱いたレヴュアーによるものなのか、ユーザーが判断に迷う状態だ。

ロウ氏は、レヴューが累積していくYelpの特性を支持している。Yelpが長年にわたって人気サイトであることから判断すると、ユーザーもロウ氏と同じ意見かもしれない。だが、もっと定量的なデータを追加しても損はないはずだ。

Yelpではすでに、レストランのレヴューに関しても、定量的なデータを追加する工夫をしている。ロサンジェルスなど、12の都市と郡のレストランページには、衛生監察官による評価が掲載されている。

※Yelpは2014年4月から日本でもサーヴィスを展開しており、ヘルス・メディカル部門のレヴューページもある。たとえば、東京警察病院のレヴューページはこちら

TAG

HospitalReviewSiteWIRED USYelp