■ドラフト展望2015(3)

 10月22日に開かれる、プロ野球ドラフト会議。磨けば光るダイヤモンドの原石から、来年すぐ使えそうな即戦力まで、チームの未来を担う人材をめぐる、1年に一度の争奪戦が繰り広げられる。

 社会人野球選手は高校生、大学生よりも高いレベルで揉まれた「即戦力」級の実力を見込まれることが多い。しかし、一口に「社会人野球」といっても、名門企業チームから無名のクラブチームまで環境・レベル差は幅広い。なかには千載一遇のチャンスを生かした「シンデレラボーイ」も毎年のように出現する。ここでは、そんな一瞬の輝きで野球人生を変えた選手たちを紹介したい。

 毎年夏に東京ドームで行なわれる、社会人野球のビッグイベント・都市対抗野球大会。企業チームの選手の多くが「都市対抗の出場権が得られなければ、会社に顔向けできない」と語るほどプレッシャーを受け、予選で敗れたチームはこの世の終わりかと思えるほどの絶望感に襲われる。そして迎える都市対抗本戦、企業やクラブの威信をかけた大一番には、当然のように多くのプロスカウトが集結する。

 都市対抗には「補強選手制度」という特殊なルールがある。本戦への出場権を獲得したチームが、予選で敗退したチームの中から3人まで選手をレンタルできるのだ(2009年までは最大5人レンタルできた)。この補強選手という制度が、時に思わぬ好素材を世に送り出すことになる。

 ソフトバンクのリリーフとしてリーグ優勝に貢献した森唯斗(ゆいと)も、かつて補強選手で輝いたひとり。徳島・海部高から岡山にある三菱自動車倉敷オーシャンズに進んだ森。三菱自動車倉敷オーシャンズとは、元は「三菱自動車水島」という名の強豪企業チームだったが、今はクラブチーム登録。

 森が在籍した4年間で都市対抗に出場することはかなわなかった。それでも、4年目の2013年に中国予選での獅子奮迅の活躍が評価され、出場する伯和(はくわ)ビクトリーズ(広島)の補強選手に選ばれた。

 本戦では初戦に3番手として登板して、2回無失点の好投。リリーフ適性の高さを見せた。頑丈な体とハートの強さはすでに高い評価を受けており、森は同年ドラフトでソフトバンクからの2位指名を勝ち取る。

 そもそも、森がプロを意識するきっかけになったのも、「補強選手」が絡んでいた。森が社会人2年目だった2011年、チームの先輩サイドスロー・田原誠次が伯和ビクトリーズに補強され、都市対抗で好投したのだ。まったく無名の存在だった田原は全国の大舞台で見出され、同年ドラフトで巨人から7位指名を受ける。その田原が抜けたことで自覚が芽生え、森の急成長につながったのだった。田原はプロ入り後、独特の存在感を発揮してリリーフとして貴重な戦力になっている。

 また、2011年の都市対抗では、もうひとりの「彗星」が現れた。それは、JR九州(福岡)の補強選手になった右腕・一岡竜司。一岡が所属していたのは、福岡にある沖データコンピュータ教育学院。午前中はコンピュータやビジネスについて学び、午後は野球の練習をするという専門学生だったのだ。

 そんな一岡は、なんと都市対抗初戦で先発投手に抜擢される。結果的に3回0/3を投げて被安打4、奪三振2、失点2で敗戦投手となったが、素材の高さを見せつけるには十分だった。同年ドラフトでは巨人から3位指名を受けて入団。その後、広島に移籍後はリリーフとして活躍している。

 近年の補強選手で最大のサプライズと言えば、2004年の中村渉だろう。同年限りで廃部するJT(宮城)の補強選手に選ばれたサウスポー・中村は、社会人屈指の名門・東芝(神奈川)を相手に5安打完封するなど大活躍。当時、中村の本業が「畳職人」ということが大きな話題になった。

 中村は八戸西高を経て青森大に入学したが、ヒジを痛めて野球部を退部する。卒業後に家業の畳店を手伝いながら、地元クラブチームの三菱製紙八戸クラブでプレーしていた。プロとはまったく無縁の生活を送っていた中村の運命を変えたのが補強選手だった。都市対抗での活躍が認められ、中村は同年ドラフトで日本ハムから7巡目指名を受ける。プロでは3年間で一軍登板なしと結果を残せないまま退団したものの、その野球人生は大きな夢と可能性を感じさせた。

 そして今年、ドラフト指名の可能性がある「補強選手」は、今夏の都市対抗でJR九州から出場した信楽晃史(しがらきあきふみ・宮崎梅田学園)だろう。

 福岡大時代は最速147キロをマークしながらも、同期の梅野隆太郎(現・阪神)に「練習しろよ!」と苦言を呈されたほどの練習嫌い。4年間でリーグ戦通算0勝に終わり、卒業後の2014年に宮崎県にある自動車学校・宮崎梅田学園に入社する。運転指導員の資格を取得して、いわゆる「自動車教習所の教官」として働きながら、同社の野球部員としてプレーする変わり種だ。

 社会人では一念発起し、忙しい社業の合間を縫って自主練習に励むようになったという。ウエイトトレーニングで下半身を鍛え、食生活も見直した結果、体重は8キロアップ。技術的にはテークバックをややコンパクトにしたことで、肩・ヒジに負担のかからないフォームに改善された。ストレートは今までよりも重みを感じるような球質になり、苦手だった変化球もスプリット系のツーシームを決め球として使えるようになったという。

 そして迎えた今年6月の都市対抗九州2次予選。信楽は目を見張る投球を見せる。元プロ打者を2人擁する三菱重工長崎に惜敗したものの、1失点完投。さらに熊本ゴールデンラークス、西部ガス(福岡)と、九州屈指の強豪チームを相手に、好投を見せたのだ。都市対抗本戦への出場は惜しくも逃したが、この結果が認められ、九州第1代表のJR九州から、いの一番に指名を受けた。

「まさかのまさかでした。大学時代の指導者からも『まさかやなぁ〜』と驚かれました」(信楽)

 九州の社会人野球界を代表する名門・JR九州。補強選手としてチームに参加したのは約3週間だけだったが、得たものは計り知れなかった。信楽は言う。

「ベテランの方でも練習では一切手を抜かずに、若手と同じメニューをこなすし、練習に対する厳しさを感じました。吉田(博之)監督からもフォームについてご指導いただき、今まで自分が知らなかった世界を見せてもらいました」

 環境面や実力面で差があるチームからの補強選手は、日頃とは違った刺激を受け、また高度な技術指導によって才能に磨きをかけることができる。これも補強選手の意義のひとつだろう。

 信楽は都市対抗本戦では初戦でリリーフ登板のチャンスを与えられるが、決勝打を浴びるなど、1回2/3を投げて2失点。ほろ苦い東京ドームデビューとなってしまった。スリークォーターのフォームから最速143キロをマークした信楽を、果たしてバックネット裏のスカウト陣はどのように評価したのだろうか。

「結果を残せなくて申し訳ない」と今も悔恨の情にかられる信楽だが、JR九州で吉田監督からもらった「下半身の使い方」という宿題をクリアすべく、今も日々の練習に取り組んでいるという。現在、信楽のもとにはプロ4球団から調査書が届いているという。

 はたして「補強選手」から新たな成功者は生まれるのか。今年のドラフト会議も、全12球団に「選択終了」の表示がともるまで、目が離せそうにない。

菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro