写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●Boxイベントに登場したCook氏
死から4年を迎えようとしている今でも、テクノロジー業界に限定されず、世界のどこかでその名が語られているSteve Jobs氏。その後を継ぐのは並大抵のプレッシャーではないはずだが、AppleのCEO、Tim Cook氏はJobs氏とは違ったアプローチでその名声を築いている。

最新のiPhone 6sとiPhone 6s Plusの販売台数が過去最高の1300万台を記録した週末が明けた9月29日、Cook氏は米サンフランシスコで開催されたBoxのイベントに登場。Box CEOのAaron Levie氏と、エンタープライズ市場から飛行機まで、さまざまな議題のトークを交わしていた。前編では、エンタープライズの話を中心にお伝えする。

○エンプラでは提携に注力するApple

Cook氏はこの日、黒のジーンズ、濃紺のセーター、黒いナイキシューズ姿で登場し、親子ほどの年の差のあるLevie氏が冗談交じりに早口で発する質問に穏やかに答えた。

Cook氏が他社のイベントに出席することは珍しい。BoxとAppleは正式に提携を発表しているわけではないが、クラウドファイル同期・共有、コンテンツ管理サービスという観点でいえば、BoxとAppleが目指す先は同じで、これによって「エンタープライズを変える」ことだ。BoxはiOSのみに向けたサービスも発表している。

Appleとエンタープライズというキーワードで忘れてはならないのは、2014年に業界を驚かせたIBMとの提携だ。またAppleは、1カ月前にCisco Systemsとも提携を発表したばかりだ。

Levie氏がエンタープライズ市場への見解を聞くと、Cook氏は、「私たちにしか作れない、これまでできなかった新しいことができるツールを作ること――これをこれまでずっとやってきた」と語る。

その上で、「これまでエンタープライズとコンシューマーの境界がしっかりしており、そこではわれわれはコンシューマーにフォーカスした。だが現在、(その境は曖昧になっており)エンタープライズカー(車)を買おうという人はおらず、端末も同じだ」と続ける。

以前から、家でも職場でも同じ端末を使いたいというニーズがあり、両社を繋げる存在を確実なものにしたのがiPadだという。

エンタープライズ市場にどうアプローチするのか――答えは「提携」のようだ。

「コンシューマーでやったのと同じように、エコシステムを構築する。(エンタープライズユーザーが)やりたいと思っていることが実現できるように」(Cook氏)

IBMとの提携は、エンタープライズが求めるアプリなど、市場固有のニーズを満たすためだという。CiscoやBoxも同じだ、とCook氏は続ける。

「Appleは素晴らしいプラットフォームを構築できるし、素晴らしい製品を構築できる。だが、財務サービス、ヘルスケアの細かいところ、といった業界固有の知識はないし、得意ではない。ここではIBM、Cisco、Boxなどとの協業を通じて、顧客に完全なソリューションを提供する。自社一社でやるような見解は持っていない。多くの場合で、Boxは私たちよりも早く、ニーズをキャッチするだろうし、IBMもやCiscoも同じだ」(Cook氏)

●モバイルとクラウドの相性、そこから生まれる"最高のカンパニー"
Appleは継続して、自分たちが得意な分野にフォーカスし、それ以外は他と協業する、これがエンタープライズへのアプローチのようだ。

Appleが得意とするところは、プラットフォームとハードウェアだろう。iOSについては(Androidのように)「分断されたシステムではない」とCook氏、最新のiOSの比率はすでに50%に達していると胸を張る。

Levie氏がさらに突っ込んでAndroidとエンタープライズでの競合を問うと、「最高の製品を選ぶだろう?」と会場に問いかけて、笑わせた。

すでにエンタープライズ分野の売り上げについては、6月に終了した決算で、それまでの1年間で250億ドルに達しているという。Cook氏は「ホビー(趣味)じゃない」と笑わせた後、「比率としては小さいかもしれないが」と言いながら「私の直感では、よくやっていると思う」と続けた。

Cook氏は、エンタープライズにフレッシュな意見も吹き込んだ。エンタープライズにおけるモバイルの使い方だ。「エンタープライズのモバイルは、電子メール、ブラウジングなどの基本的なことにとどまっている」とCook氏。この状態を「まだまだ早期段階であり、コンシューマーよりも遅れている」と述べる。

「私たちはすでに時間的に精一杯働いている。これ以上労働時間を延ばすことで生産性を得ることはできない。必要なのは、ビジネスを変革することだ」とCook氏が述べると、Levie氏も同意し、「デスクトップからモバイルの移行が進んでおり、そうなるとクラウドのパワーを最大活用できる」と今後の発展に期待を寄せた。

ビジネスの変革のためには、「再考案」が必要だ、とCook氏はいう。例えば小売では、モバイルを利用すれば、顧客はレジに並ぶことなく支払いできる。「Apple Storeでは、顧客が製品を購入するとなると、フロアで製品購入を一緒に考えたスタッフがiPhoneかiPadでその場で決済できる」とCook氏。

モバイルは単なる簡素化にとどまらず、考え直すことでさらなる潜在能力を引き出せるというのだ。「将来、最高のカンパニーになるのは、もっともモバイルなカンパニーだろう」とCook氏は述べた。

(末岡洋子)