千葉真一初対面でキアヌ大興奮、熱いリアクションに「かわいい」の声。

写真拡大

俳優のキアヌ・リーブス(51歳)が、10月6日に放送された情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)に出演。同番組の企画で、憧れのアクションスター・千葉真一(76歳)と初対面を果たした。

この日、主演映画「ジョン・ウィック」のプロモーションのため、インタビューに応じたキアヌ。昔からアクション映画が好きで、子どもの頃は格闘ごっこやチャンバラをして遊んでいたそうだが、そんなキアヌに大きな影響を与えたのが“サニー千葉”(千葉真一)なのだという。千葉の主演作「The Street Fighter(激突! 殺人拳)」からは「アクションと芝居というものを学んだ」と語り、「僕は映画用のカンフーならできるけど、サニー千葉は実際に人をボコボコにできる。情熱を感じる」と熱弁をふるった。

そこで、番組は別室に千葉を待機させ、サプライズでキアヌと対面する企画を用意。突然現れた憧れの千葉の姿を確認したキアヌは、思わず「オーマイガー」を連発、固い握手を交わし、「ハジメマシテ、マエストロ!(巨匠)」と挨拶した。

ここからはニヤニヤが止まらず、何を話していてもにっこにこのキアヌ。千葉について「あなたはキャラクターを演じるだけでなく、そこにアクションを盛り込んだ。屈強なキャラクターにもあなたが演じると心が感じられる」と身振り手振りを交えながら語り、「あなたのアクションはこうだ!」と実演も。とにかく終始嬉しそうに、千葉登場前とは明らかに異なるテンションで大はしゃぎの様子だった。

そして、千葉から「10年前に、あなたとぜひ映画を撮ってみたいと思い、脚本を作り上げているんですよ。(キアヌと自身を指さしながら)『ブラザー』というタイトルです」と伝えられたキアヌは「年取った兄弟ですね!」と喜びながら返し、最後は再会を固く誓い合いながらインタビューは終了となった。

放送中からTwitterなどではキアヌのリアクションが話題を呼び、「すごい嬉しそうじゃないかww」「子どもみたいにスイッチ入ったなww」「千葉の話に詳しいし、ガチファンぽい」「顔真っ赤にしてるじゃん!」「こんなに笑うキアヌは初めて見た」「キアヌかわいいww」などの声が上がっている。