10月4日、今季J2の優勝の行方を左右する大一番が行なわれた。

 前節(第34節)終了時、勝ち点74で首位を走る大宮アルディージャと、勝ち点10差の2位で追うジュビロ磐田との対戦は、互いに激しくボールを奪い合う、熱のこもった好ゲーム。前半に磐田が2点をリードし、後半は大宮が2点を奪い返す打ち合いの末、2−2の引き分けに終わった。

 それぞれが置かれている立場の違いによって、「勝ち点2を失った試合と言わざるを得ない」(磐田・名波浩監督)、「実質勝ち点3の価値がある」(大宮・FWムルジャ)と受け止め方には差があったが、客観的には非常に見応えのある熱戦だった。チケットが完売し、1万3000人を超える観衆が詰めかけたヤマハスタジアムの雰囲気も含め、2部リーグとは思えない試合だった。

 この第35節を終えたJ2は、残すところ7節。必死に食い下がる眼下の敵を退けた大宮は、早ければ次々節(第37節)にもJ2優勝が決まる可能性があり、J1自動昇格(2位以内)はほぼ手中に収めている。

 また、残るひとつのJ1自動昇格枠の行方は、数字上の可能性はともかく、現実的には2位磐田(勝ち点65)、3位アビスパ福岡(勝ち点61)、4位セレッソ大阪(勝ち点59)の3クラブに絞られたと言っていい(その他、3位から6位までの4クラブが出場して行なわれるJ1昇格プレーオフを経て、もう1クラブが昇格する)。長かったシーズンもゴールは目前に迫っており、大勢が見えてきた。

 さて、こうなると気になるのは(少々気が早いようだが)、J2から昇格するクラブが来季J1でどれだけ戦えるのか、ということだ。というのも、近年のJ1では、J2からの昇格組が1年目からすぐに好成績を残すケースが多いからである。

 2011年の柏レイソル、2014年のガンバ大阪と、2クラブがJ1昇格即優勝の快挙を成し遂げたのをはじめ、2009年にはサンフレッチェ広島が4位、2010年にはC大阪が3位、2012年にはサガン鳥栖が5位と、昇格組の活躍は目覚ましい。今季もまた、湘南ベルマーレがここまで(セカンドステージ第13節終了時)年間9位と健闘を見せている。

 では、来季の昇格組はどうだろうか。

 まず可能性がありそうなのは、大宮ということになるだろう。2位に勝ち点10差をつけての首位は堂々たるひとり勝ちである。

 だが、大宮の戦いぶりには、良くも悪くも大きな変化が感じられない。

 確かに大宮の組織的な守備は堅く、しっかりとボールを動かしながら攻撃を組み立てようとする意図も見える。しかも、それらは今季始まったことではなく、継続性という点でクラブのスタイルは長らく一貫している。冒頭で触れた試合を見ていても、磐田がかつてのJ1王者のプライドをかなぐり捨てて、相手の背後を狙ったロングボールを多用する"現実的な戦い"を選択していたのとは対照的だった。

 とはいえ、一貫したスタイルを継続してきたにもかかわらず、過去毎年のようにJ1残留争いに巻き込まれ、ついには昨季J2降格に至ったのも事実である。そして今季、その継続性を貫く中で、一段上のレベルへ達した感はうかがえない。

 例えば、昨季J2で優勝した湘南は、J2に降格してもなお、諜裁(チョウ・キジェ)監督就任以来貫いてきたスタイルを突き詰めた結果、その前年にJ1で戦っていたときよりも、目指すサッカーの質が向上している印象を受けた。それに比べると、今季の大宮は見劣ってしまう。

 他の昇格候補、すなわち磐田、C大阪、福岡にしてもそうだ。福岡に関しては昨季までの低迷(J2での過去3年の成績は18、14、16位)を考えれば、驚異的な急回復は称えられていいが、J1でも戦えるかと言えば、心許ない。率直に言って今季のJ2に、昨季の湘南ほどのインパクトを与えてくれるクラブはない。

 もちろん、実際にJ1昇格が決まれば、来季に向けて補強も進むだろう。現段階で来季を占うのは時期尚早ではある。しかし、過去の昇格即好成績を残したクラブにある程度共通するのは、J2で雌伏のときを過ごす中で、すでに継続したチーム作りにおける進歩が、躍進の"予兆"としてあったという点だ。決してシーズンオフの大型補強が理由で強くなったわけではない。

 予算規模から言っても、J1と遜色ないレベルのクラブがいくつも顔をそろえた今季のJ2は、かつてないほど粒ぞろいのリーグ戦となった。リーグ全体のアベレージは高く、その意味においてはハイレベルな争いだったとも言える。だが、来季J1での上位進出を期待させるほどに、内容と結果の両面で際立つクラブは見当たらない。

浅田真樹●文 text by Asada Masaki