2アシストでアーセナルを勝利へと導いたFWセオ・ウォルコット(右)【写真:Getty Images】

写真拡大

 アーセナルに所属するイングランド代表FWセオ・ウォルコットが、4日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦に勝利したことにより、リーグタイトル獲得に向けて自信を深めたようだ。4日にクラブのオフィシャルサイトでコメントを発表している。

 アーセナルはホームにユナイテッドを迎えて対戦した。試合開始してすぐの6分にメスト・エジルが中央へ折り返すと中でアレクシス・サンチェスが合わせて先制点を決める。直後の7分には、右サイドから攻め上がったウォルコットに相手が引きつけられたところで中央に折り返し、先制点をアシストしたエジルがゴールを決めた。

 そして、20分には中央でパスを受け取ったウォルコットが反転して左サイドのサンチェスにパスを出し、サンチェスが相手をかわして追加点を決め、チームは3-0で勝利している。チャンスメイクで存在感を発揮したウォルコットは自信に満ち溢れているようだ。

「僕たちはこの結果で、今シーズンのタイトルを狙えるというメッセージをプレミアリーグに発信した。ただ、僕たちはこれを続けなければいけない。1試合だけじゃなくて、全試合でやらないとね」

 チャンピオンズリーグ(CL)では開幕2連敗のアーセナルだが、リーグ戦では5勝1分2敗の2位と調子を上げている。ユナイテッドに勝利したことが自信となり、17日に行われるワトフォード戦、そして20日のCLバイエルンでも良い調子で挑むことができそうだ。

text by 編集部