『心が叫びたがってるんだ。』を鑑賞した乃木坂46メンバー (C) KOKOSAKE PROJECT

写真拡大

9月19日より全国公開され、10月5日現在で累計観客動員数49万892人、累計興収6億6802万4650円と大ヒット中のアニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』。この作品の上映会に、主題歌「今、話したい誰かがいる」を歌う乃木坂46のメンバーのうち15人が参加し、鑑賞後に感想を語ったスペシャル映像が完成した。

[動画]この記事の動画/乃木坂46が『ここさけ』鑑賞後に感想語るスペシャル映像

映像では、見終わったメンバーたちがそれぞれ、「生きてて言葉の重要性をすごく感じていて、言葉は傷つけるけど、でもやっぱり言葉で伝えなきゃいけないなと」(松村沙友理)、「言葉がきっかけで、トラブルがあったことがあったので、すごく感情移入してしまって、ボロボロ泣いちゃって…」(齋藤飛鳥)、「きれいごとだけじゃなくて、リアルなところまで描かれていて、今アイドルをやっている中で思っていることとリンクするところがあって、すごく考えさせられました」(衛藤美彩)などと感想を述べる姿が、映画を見ながら泣いている姿とオーバーラップされながら描かれている。

アイドルとしての心情、迷いを吐露するなど、普段見られないメンバーたちの胸の中も垣間見られる、ファン必見の映像に仕上がっている。

『心が叫びたがってるんだ。』が公開5日間で興収3億円を突破!
(前編)不安だらけの実写版『あの花』がついに放映。予想通りの出来映えを完全レポート
番外編・前編/注目が集まる『ここさけ』と前作『あの花』の違いは!?
[動画]『あの花』スタッフが贈る感動作『心が叫びたがってるんだ。』予告編