トクホに頼りきって「気になるコンビニグルメ」全部食べてみた 1番合うメニューを探せ!

写真拡大

最近増えている「トクホ系飲料」。

体脂肪を減らすものや運動前に飲むといいものなどありますが、食べることが大好きなアラサー女性記者が愛飲しているのは「からだすこやか茶W」です。脂肪の吸収を抑えると同時に糖の吸収をおだやかにする、という"救世主的ドリンク"です。

2015年10月5日からホットも新発売になるということで、食いしん坊としてはひと安心ですが、ふと気になることが......。CM通り、ほとんどの食事は「脂肪と糖」からできているけど、その中でも"合う""合わない"があるのではないか――?

そんなギモンにかこつけて、食いしん坊記者3人が、気になる最新コンビニグルメの食べ比べをしてみました。(ごめんなさい。結局は食べたいだけです)

■脂質+炭水化物の最強コラボ 「豚の焼肉弁当」&「ミートソースパスタ」

コンビニご飯といえばコレ! お腹に余裕があるうちに"強敵"から片付けちゃいます。用意したのは、「豚の焼肉弁当(唐辛子マヨネーズ)」(セブン-イレブン)と、「あらびき牛肉のミートソース」(ローソン)の2つ。

甘辛い醤油ダレをまとった豚の焼き肉も、あらびき牛肉ずっしりのミートソースも、脂はたっぷり。さすがに一気に食べると口の中が脂っこくなりますが、からだすこやか茶Wを飲むとスッキリと "洗い流される"感じがします。おいしい脂を吸ったごはんやパスタも、お腹へのパンチ力はすごいですが「口〜食道」間はまったくこたえません。

成分が、食物繊維(難消化デキストリン)、ほうじ茶、烏龍茶、紅茶、ビタミンCなので、これらのメニューには烏龍茶部分が効いているのかもしれません。まさに"余分な脂を洗い流してくれている"。一言で言えばそんな感じです。

ちなみに、「炭水化物だけだとどうなのか?」と、おにぎり2品(紅鮭はらみ、ピリ辛高菜炒め)とを食べてみたところ、こんどは不思議とほうじ茶の香りや味わいが強くわかりました。脂の量や味の濃さで、風味が変わることが分かったのも発見でした。

女性3人で無事完食。まだまだ余裕です。

■あったかい冬グルメ 「中華まん」&「おでん」

寒い冬に欠かせないホットフードもドリンクが冷たかったら台無し。やっぱりホットドリンクはありがたいです。買いたてアツアツを温めたすこやか茶Wと食べてみます。

「手包み特製豚まん」(セブン-イレブン)は鶏肉・豚肉の脂やコクがしっかりあるので、ガッツリ系弁当同様に、口をさっぱりさせてくれる感じです。心配だったのは「おでん」(ファミリーマート)。こんにゃくや大根、昆布など、脂っけも炭水化物でもないあっさり系とどうマッチするのか...と気にしながら食べてみると、これが意外にダシとよく合うのです。味付けが濃くなくてもダシの旨さを消していないのは感動的でした。

お腹も大満足...というか結構限界。でも、まだまだ道は続きます。

■女子なら大事なデザート 「カスタードクリームシュー」&「モンブラン」

別腹"デザート"の時間です。最後のステージでお試しするのは「Uchi Cafe カスタードクリームシュー」(ローソン)と、「イタリア栗の濃厚モンブラン」(セブン-イレブン)。ともにクリームたっぷりの贅沢なスイーツです。

これも、まあ合うだろうな...と思っていましたが、食べてみるとそこまでじゃない。どちらもおいしいのですが、一緒に食べると、交じり合わないというか口のなかでそれぞれがバラバラに主張する、という感じでしょうか。

クリーム系のデザートには、やっぱりコーヒーや紅茶が合うかな、というのが感想です。ただ口の中がさっぱりするのはごはん類と同じ。体重、体脂肪が気になる人にはおすすめします。

ここまで食べた結果、好みはあれど、たいていの食べ物には合うことが分かりました。だって、おいしいものは確かに脂肪と糖でできていますもんね。

無理なダイエットはカラダにもよくないし、何よりストレスがたまります。進化する機能性飲料をうまく活用して、食欲の秋を楽しみましょう!

10月5日から12月31日まで、からだすこやか茶Wのラベルに付いているバーコードを集めて応募すると、全国の旨いものが必ずもらえる「Fish or Beef」 キャンペーンも開催中。24ポイントコースなら「北海道 鮭の極ほぐし」、72ポイントコースなら「鹿児島県産黒毛和牛 焼肉用」など、6つの高級食材の中からポイントに応じて好きなものがもらえます。

この機会に、贅沢グルメを食べ比べてみては? キャンペーンや製品詳細は、キャンペーンサイトから。