日本夜景遺産に認定!悠久の歴史が幻想的な光に包まれる「博多ライトアップウォーク博多千年煌夜」今年も開催

写真拡大 (全4枚)

博多の秋の夜を彩る「博多ライトアップウォーク博多千年煌夜(こうや)」が今年で10回目を迎える。照明学会照明デザイン賞を受賞、7月には日本夜景遺産にも認定された。悠久の歴史を語り継ぐ寺社が光の包まれたさまは幻想的の一言!

「博多ライトアップウォーク博多千年煌夜」(1日フリーパスチケット前売券1000円/当日券1300円 ※当日券は2枚以上購入の場合は1枚1200円)は、ライトアップされた寺や神社を巡る期間限定のイベント。10回目を迎える今年は、11月19日から23日まで開催される。

櫛田神社、承天寺、東長寺、妙楽寺など、由緒ある寺社の建物や庭園がライトアップされ、美しく浮かび上がる。



期間中は、普段は立ち入ることができない場所も公開される。ぜひ昼間とは違った博多の幻想的な雰囲気を味わってみてほしい。詳しくはこちら(http://hakata-light.jp)で確認してほしい。