スザンヌ

写真拡大

映画『マイ・インターン』のトークイベントが10月5日に福岡で行われ、九州出身の“おしゃれ番長”スザンヌが離婚騒動後初のイベント登場をはたした。

スザンヌと夫の斉藤和巳氏が互いにブログで離婚を報告

同作は、『プラダを着た悪魔』で恋に仕事に奮闘し、ファッション業界でキャリアアップしていく姿を等身大で演じたアン・ハサウェイ主演最新作。あれから9年、今度はハサウェイがニューヨークのファッションサイトの社長で、夫も子どももいるジュールズを演じている。

ハサウェイ演じるジュールズ同様、スザンヌも仕事と家庭を両立させる現代女性の1人。それゆえにジュールズにとても共感できたという。「見終わってすぐ『あーっ、なんかモヤモヤがぜーんぶ吹き飛んでスッキリしたー!』って思いました。ジュールズの喜びや葛藤には、映画館でこんなにウンウンって頷いたことはないくらいに共感できて、ロバート・デ・ニーロ演じるベンの大きな愛情にホロッと涙が出て、ベンと仲間の友情とのハプニングにゲラゲラ笑って、ジュールズの悩みに一緒に泣ける。心が優しさで満ちていく本当に素敵な映画でした」と、映画の見どころを紹介。

さらにスザンヌは「私自身、働く自分とママでいることのバランスを取るのが難しい。子どもと一緒にいてあげられなくて申し訳ないなという罪悪感もあるし、仕事をここまでやりたいって思っても子どもがいるから帰らなくちゃいけないとか、なかなか難しいです」と両立の難しさを吐露すると、「でもいい意味で“諦める”ことが必要かなって。私もたくさんの人に助けてもらっているけど、いい意味で諦めると、自分に余裕ができて頑張りすぎなくていいんじゃないかと思う。アン・ハサウェイ演じるジュールズも頑張りすぎちゃうから、時には周りの人に甘えるのも大切ですね」と続けた。

また、劇中でジュールズはデ・ニーロ演じるベンの言葉に勇気づけられるが、スザンヌが人生の中で一番心に響いたアドバイスは母からの言葉だったそう。「小さい時から母に『ツライときこそ笑顔で』ってずっと言われていました。だから人生の岐路に立った時、必ず思い出して自分に言い聞かせている言葉です」と話していた。

『マイ・インターン』は10月10日より全国公開となる。

hitomiがスザンヌに「頑張ってほしい。楽しんで子育てを」とエール!
アン・ハサウェイ、主演作『マイ・インターン』N.Y.プレミアでデ・ニーロと手つなぎショット
アン・ハサウェイ、40歳年上の部下を演じるロバート・デ・ニーロと共演!
[動画]映画『マイ・インターン』予告編