本格中華の味わいの「日清ラ王 酸辣湯麺(サンラータンメン) 5食パック」(希望小売価格・税抜525円)。しなやかな食感の中細麺が酸辣湯によく合う!

写真拡大

日清食品は、大人気の袋麺「日清ラ王」ブランドから、「日清ラ王 酸辣湯麺(サンラータンメン) 5食パック」(希望小売価格・税抜525円)を10月12日(祝)より、全国で新発売する。

【写真を見る】唐辛子、黒酢、ラー油の相性が良い「日清のとんがらし麺 うま辛酸辣湯麺」(オープン価格)。程よい辛さと旨味がやみつきに

まるで“生めん”のようなおいしさが味わえる「ラ王」。今回登場の「酸辣湯麺」はスッキリとした鶏だしをベースにしたスープ、爽やかな酸味とコクの深い辛味が特長だ。パッケージにも表示されているように、卵で仕上げるのがおすすめ。

調理の際、卵を加えることで、より本格的な酸辣湯麺が出来上がる。仕上げに卵を1つ、加えてみてほしい。

■ カップ麺「とんがらし麺」もラー油の効いた「酸辣湯麺」が

一方、辛口ファンに好評のカップ麺シリーズの新製品「日清のとんがらし麺 うま辛酸辣湯麺」(オープン価格)が、10月12日より発売される。

「とんがらし麺」シリーズは、ほかのカップ麺にない“唐辛子練り込み麺”と、辛さの中にも旨味のあるスープが特長のシリーズ。

今回の「うま辛酸辣湯麺」は、1から5まで5段階ある“辛さレベル”が3とマイルドな味わい。

黒酢のまろやかな酸味、チキンの旨味が感じられるスープに、別添の“うま辛オイル”を加えると、ピリっとした辛さが程よく効いておいしい。

秋の夜長。“すっぱからい”味で思わず食欲がそそられる酸辣湯麺2種を、食べ比べてみてはいかがだろう。【東京ウォーカー】