<世界ランキング>
 最新の男子世界ランキングが発表され、国内男子ツアー「トップ杯東海クラシック」で6位タイに入った石川遼が前回の162位から151位にランクアップした。石川は「ANAオープン」前の206位から、国内3連戦で55ランクアップを果たして再び米国での戦いに戻ることとなる。同大会優勝の金亨成(韓国)は143位、上位でフィニッシュした池田勇太は126位、片山晋呉も133位とそれぞれランクアップを果たした。
「トップ杯東海クラシック」好調もプレーオフで惜敗した片山晋呉
 ウェブドットコムツアーファイナルズを戦いぬき来季の米ツアー出場権を手にした岩田寛は84位にランクダウン。日本勢最高位の松山英樹は前回の14位から15位にランクを下げている。松山は今週世界選抜と米国選抜の対抗戦「ザ・プレジデンツカップ」に出場する。
【男子世界ランキング】
1位:ジョーダン・スピース(12.69pt)
2位:ジェイソン・デイ(12.63pt)
3位:ローリー・マキロイ(11.31pt)
4位:バッバ・ワトソン(8.37pt)
5位:リッキー・ファウラー(7.96pt)
6位:ヘンリック・ステンソン(7.54pt)
7位:ジャスティン・ローズ(7.19pt)
8位:ダスティン・ジョンソン(6.93pt)
9位:ジム・フューリク(6.89pt)
10位:ザック・ジョンソン(5.18pt)
15位:松山英樹(4.33pt)
84位:岩田寛(1.74pt)
113位:小田孔明(1.43pt)
126位:池田勇太(1.35pt)
133位:片山晋呉(1.28pt)
140位:武藤俊憲(1.24pt)
151位:石川遼(1.16pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
「中身の濃い1ヶ月だった」石川遼が国内参戦4週間での収穫
片山晋呉、プレーオフ惜敗も好調を実感「次は大丈夫でしょう!」
キム・ヒョンソンが今季初勝利!昨年涙を飲んだ三好でリベンジを果たす
米ツアー出場権を得た岩田寛が描く“今後のゴルフ設計”
“軌道は力だ。”自然にヘッドが加速する『ゼクシオナイン』登場!