ホームに迎えたボルシア・ドルトムントを5-1で下したバイエルン・ミュンヘン【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

2季連続の準決勝敗退を喫したCL制覇へ

 ペップ・グアルディオラ体制3季目を迎えたバイエルンは、ドルトムントとの大一番も5-1と圧倒。開幕から8戦8勝と比類なき強さを見せている。ブンデス史上初の4連覇とハインケス体制以来となる3冠へ向けて動き出した。

----------

 欧州制覇を再び――。バイエルン・ミュンヘンがヨーロッパの頂点を視界に捉えた。2015年10月4日のブンデスリーガ第8節で、ホームに迎えたボルシア・ドルトムントを5-1で下す。翌日付の『キッカー』誌は「強さのデモンストレーション」と見出しを付けた。

「バイエルンは惑わされない。そしてドルトムントは限界を示す」/『キッカー』誌

 中盤がダイヤモンド型の4-4-2を採用して対策を講じてきたドルトムントに対して、バイエルンは柔軟に対応し、揺らぐことなく得点を重ねていった。香川が「今日は個人的にもチームとしても完敗」と認めたように、現時点でドルトムントはバイエルンに歯が立たなかった。

 そしてそれは、バイエルンに対するブンデスリーガの限界でもあるのだろうか。昨季2位のボルフスブルクも、今季2位のドルトムントも、5-1という大差で敗れ去った。昨季3位のボルシアMGは監督の交代劇とともにチームを再建中である。昨季4位のレバークーゼンは現在4勝1分3敗と安定した戦いが出来ていない。

『キッカー』誌は「少なくとも国内にバイエルンを食い止めることの出来る見込みのあるチームは見当たらない」と記した。バイエルンは、史上初のブンデスリーガ4連覇に向かって、いよいよ加速している。

 それでは、2季に渡って準決勝で潰えているチャンピオンズリーグの夢=欧州制覇の可能性はどうだろうか。

『キッカー』誌に記載のデータによれば、開幕からの8戦8勝は、ペップ・グアルディオラ体制となってからベストのスタートであるだけでなく、ユップ・ハインケス体制だった12/13シーズンと同様の数字となっている。また得失点も、現在8試合28得点4失点であるのに対して、12/13当時は8試合26得点2失点と似通ったものである。

もはや国内には敵なしの圧倒的完成度

 バイエルンの12/13シーズン。“準3冠”に終わった11/12シーズンの屈辱を振り払おうとするかのように、リベリーだろうがロッベンだろうが献身的に守備をさせた。

 鬼と化したハインケスが率いたバイエルンは、2季連続でブンデスリーガ、ドイツカップ、CLの決勝に進む。CLの準決勝ではFCバルセロナを2戦合計7-0で破り、遂に3冠を達成した。

 そしてペップ・バイエルンの15/16シーズン。ペップ・グアルディオラが就任して3年目を迎えた。持ち込まれたペップの理論によって、バイエルンはオリジナルの強さを手にしつつある。それはもはやペップのバルセロナとも違うものだ。

 4日にドルトムントを粉砕したときのように、ロングボールやカウンターも効果的に取り入れている。CFには偽9番ではないレヴァンドフスキが据わる。“ロベリー”が不在でも、ドグラス・コスタとキングスリー・コマンが代役を果たす。

 完成度と機能美において、他に類を見ない存在になりつつある。加えて12/13シーズンのような好スタートを切った。『キッカー』誌の記すように、もはや国内に敵は無しと言っても過言ではない。そのスケールの大きさは、少なくとも欧州の頂点を目指すに相応しいものだ。 

「バイエルン・ハンター」とも囃されたドルトムントを一蹴したことで、ブンデスリーガ史上初の4連覇+3冠という可能性に向かって、ペップ・バイエルンは動き始めた。もちろんそれが圧倒的な難事であることは間違いない。

 しかし「史上初の4連覇+3冠」こそが、ハインケスの12/13シーズンを超える唯一の方法なのである。

text by 本田千尋