写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本航空と日立製作所は、JALの従業員満足度の向上を目指した共同実証実験を10月5日から約3カ月間の日程で開始した。日立グループ開発の名札型ウェアラブルセンサーと人工知能技術を活用する。JALの間接部門の従業員80名を対象として実験を行う。

今回の実証実験では、JAL従業員の身体運動を名札型のウェアラブルセンサーで捉え、その結果を分析、ワークスタイルの変革につなげ、従業員満足度の向上を目指す。

具体的には、ウェアラブルセンサーの活用により、身体運動の特徴パターンから「組織活性度」と呼ばれる集団の活性度を定量化する。それを従業員の属性、担当業務の特性、ワークスタイル変革施策の実施状況などのデータを組み合わせ、日立の人口知能で分析を行う。同実験により組織活性度に影響する要素とその影響度の算出が可能になり、ワークスタイル変革施策の成果分析、新たな施策の検討に役立てるという。