撮影者の想像を超えるユニークな360度全天球画像を手軽に

写真拡大

リコーは、全天球撮影対応のデジタルカメラ「RICOH THETA(リコー・シータ) S」を2015年10月下旬に発売する。市場想定価格は4万円台前半の見込み。

スマホ/タブレットで確認しながら撮影「ライブビュー機能」搭載

撮影者を取り囲む全天球イメージをワンショットで撮影できる。従来モデルから小型・軽量ボディはそのまま、新開発のレンズユニットと大型イメージセンサー、最新の画像処理などにより、約1400万画素相当の高精細な全天球静止画撮影を実現した。

スマートフォン(スマホ)/タブレット上で確認しながら撮影できる「ライブビュー機能」を搭載し、全天球撮影をより快適に行えるほか、スマホ/タブレットとWi-Fi接続して静止画の「ライブビュー表示」も可能。フルHDサイズ相当の全天球動画撮影にも対応する。

撮影イメージは専用ウェブサイト「theta360.com」にアップロードすれば「Facebook」「Twitter」などSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で共有でき、「Googleマップ」や「YouTube 360度チャンネル」への投稿も可能だ。

リチウムイオンバッテリーを内蔵し、約260枚の撮影が可能。ストレージ容量は8GB、Mサイズ静止画(2048×1024ドット)なら9000枚を保存できる。インターフェイスはmicroUSB、Micro HDMIを備える。カラーはブラック。